• TOP
  • 特集
  • パンストAVメーカー社長 「闇雲に破りたがるのは素人」

特集

2018.03.02 15:59  週刊ポスト

パンストAVメーカー社長 「闇雲に破りたがるのは素人」

素足よりパンストが魅力的と感じる男性も…

 バブル期のディスコやレースクイーンブームで、女性にとってパンティストッキング(パンスト)は機能だけでなく男性を意識したファッションアイテムになった。パンストをはじめ、様々な着衣フェチモノを専門に制作して名を上げたAVメーカー、アキノリの代表取締役、アキノリ氏にパンストAVの美学を聞いた。

 * * *
 まず、我々はプロとしてコアなパンストフェチの方々に寄り添いたいと考えています。そのため、作品の演出では単に「パンストを破きたい」という嗜好とは距離をおいているんです。

 もちろんパンスト破きにもエロスがありますが、パンストの造形や質感が好きという方からは「パンストを脱がさず、破かず、ズラしてほしい」という要望が多いんです。

 作品によっては穴を開けるケースもありますが、小さな穴を開けた後、伝線が広がらないように穴部分をボンドで縁取って接着する繊細な細工をしています。

 そのため、女優さんには最初は普通のパンストを穿かせて、破きのシーンに入る前に細工したものに穿き替えてもらって都合よく編集します(笑い)。

 また、視聴者の妄想と興奮を掻き立てるため、冒頭で着替えシーンを入れてその女優の裸を視聴者にインプットさせます。そうさせることで、パンストで肌を隠すエロスが増すんです。

 もちろん、パンストもかなりこだわっています。日本製は安価で丈夫ですが、パンスト越しの美しい脚や透け感を見せるためにはセンターシーム(パンスト前面の中央のライン)がカッコ悪い。そこでセレブ御用達の海外製に辿り着いた。これは1足7500円もする高級品で、他では絶対に使っていません。

 パンスト作品では基本的に長身で美脚のモデルを起用しています。ですが、不思議と売れる作品は顔もスタイルも普通の子だから難しいですね(笑い)。

※週刊ポスト2018年3月9日号

関連記事

トピックス