• TOP
  • 特集
  • 「ジジイもの」が人気 購入女性はどこに魅力を感じる?

特集

2018.03.07 15:59  週刊ポスト

「ジジイもの」が人気 購入女性はどこに魅力を感じる?

なぜ高齢男性が受けているのか

 近頃、AV業界では「ジジイもの」なるジャンルが人気を集めているという。

「60歳以上の男優が、たとえ嫌がられようとも女性を徹底的に愛撫するタイプの作品です。このジャンルでは、顔だけでなく、足の指や脇の下などをベロベロ舐めつくす。『若い女性をメチャクチャにしたい』という、男性が内に秘めている欲望を満足させられるように作っています」(AVメーカー広報担当者)

 こうしたAVは中高年男性だけでなく、意外なことに女性ユーザーからも好評だ。

「“ジジ専”の女性が購入するケースが増えています。その理由は、若い男優にはない『丁寧さ』や『繊細さ』があるから。ベテラン男優さんは若い女性の扱いを分かっていますから、愛撫の力加減にしても、言葉のかけ方にしても、女性のツボを押さえている。女性ファンはそういった所に魅力を感じるようです。女性は店頭で買う人はほとんどおらず、インターネットのダウンロードがほとんどです」(同前)

 おかげで「ジジイ男優」たちは大忙しだ。男優界で2番目に高齢の山田裕二氏(71)がいう。

「多い時では週に6、7回も現場に入っています。プライベートでも20歳のOLと30代主婦の2人のセフレがいますが、仕事に支障をきたさないためにも、最近は控えめにしていますね。若い女性と肌を重ねていると、若い頃よりも興奮するし幸せを感じるようになった。“ああ、生きてる”って実感するんです」

※週刊ポスト2018年3月16日号

関連記事

トピックス