• TOP
  • 国際情報
  • 中国の王毅外相 「精日分子」激怒パフォーマンスの背景

国際情報

2018.03.27 07:00  NEWSポストセブン

中国の王毅外相 「精日分子」激怒パフォーマンスの背景

王毅外相が激怒したワケは…(EPA=時事)

 中国の王毅外相は全国人民代表大会(全人代=国会に相当)期間中の記者会見で、旧日本軍の軍服を着たコスプレ姿で写真を撮り、SNSに投稿していた中国人男性らについて「中国人のくずだ」と述べて激昂するワンシーンがあった。

 王毅氏は日本通で、駐日本中国大使を歴任するなど中国外務省のいわゆる“ジャパンスクール”だが、近年、日中両国の対立関係が続いただけに、日本に関しては取り立てて厳しい態度をとってきた。そんな同氏が激怒してそのまま記者会見を中座してしまうのは初めて。

 その態度にネット上では「王氏は中国では最高の日本通だけに、日本には厳しい習近平指導部の目を気にして、保身を図るため、わざとらしいパフォーマンスをしているだけ」や、「中国人ならば、日本軍の軍服コスプレに激怒するのは当たり前」との相対立する声が寄せられている。

 王氏を激怒させたのは23番目の質問だった。

「外相、外相! ここのところ『精日分子』が民族の最低ラインを越えた挑発を行なっていることを、あなたはどう見ていますか?」

 この質問中の「精日」とは“精神日本人”のことで、自らの行動や思想などにおいて、日本人であるとみなしている中国人のことだ。「精神が日本化した輩(やから)」という意味である。

 この質問をしたのは南京に本社がある「現代快報」の記者。南京市では日中戦争時代、「南京大虐殺」が起き、中国人約30万人が殺害されたと中国側は主張している。

関連記事

トピックス