芸能

岩下志麻が述懐、小津安二郎監督の「もう一回、もう一回」

大女優が小津監督の思い出を語る

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、女優・岩下志麻が役者になったきっかけ、映画『秋刀魚の味』のヒロインとして小津安二郎監督に受けた演出について語った言葉をお届けする。

 * * *
 岩下志麻は、今年で女優人生60年になる。それに合わせて、筆者が二十時間以上にわたって岩下に役者生活の全貌をインタビューした新刊『美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道』が発売された。今回と次回は、その中の岩下の印象的な「言葉」をお送りする。

 今でこそ大女優の代名詞的存在の岩下だが、その道に入ったきっかけは偶然だった。高校時代に受験勉強で挫折した際、役者をしていた父・野々村潔に勧められ、「気分転換のよう」な状況で1958年にテレビドラマ『バス通り裏』(NHK)に出演したのがキャリアのスタート。その後、1960年に松竹に所属して映画デビューすると、主にメロドラマを中心にヒロイン役を演じていく。それでも、個々の現場では全力で仕事しながらも、役者としては「演じる」ということに大きなモチベーションを持てないままでいた。

 そんな岩下に転機が訪れる。1962年、巨匠・小津安二郎監督の映画『秋刀魚の味』のヒロインに抜擢されたのだ。小津の役者への演出法について、岩下は次のように振り返っている。

「先生のリズムに合わないと駄目でした。例えばワイシャツにアイロンをかける場面でも、一つの方向に二回ゆっくりめにかけて、反対はそのスピードの二倍の速さで三回かけて、ちょっとアイロンを置いたら左手でうなじ上げてとか。全て細かくご指導なさるんです。

 でも、そうなると、私の動きは段取りになっちゃうんです。その通りに動かないといけないって意識してしまいますから。ですから先生は自然体になるまで稽古なさる。その時は50から60回はテストしています。

 アイロンの動き方が斜めだったりすると駄目で、まっすぐからとか言われるものですから、一つ一つの動きを意識してしまって、コチコチになって自然体じゃなかったんだと思います。本当に何度も何度もテストしましたね」

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
2016年の第24回参議院議員選挙で、高校の校内に設けられた期日前投票所で投票をする生徒(時事通信フォト)
未成年者の選挙運動が禁じられていることについて改めて考えてみた
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン