• TOP
  • 特集
  • 女性との距離をグッと縮める大人の会話術 3つの原則

特集

2018.04.09 15:59  週刊ポスト

女性との距離をグッと縮める大人の会話術 3つの原則

距離をグッと縮める会話術とは

 女性とのトークで、少しでも相手を気分よくさせたい。そしてあわよくば、エッチな雰囲気に持ち込みたい──そのために“下ネタ”で盛り上げようとする男性は多いが、「それは諸刃の剣です」と美人セックスカウンセラーの小室友里氏は語る。

「ストレートな下ネタで“その気”になる女性は1人もいないと思っていいでしょう。デートの時に言われたら“体だけが目的なのね”とかえって興ざめしてしまいます。でも、駆け引きのある“大人の下ネタ”なら心の距離がグッと近づくこともあります」

 そのためには、守るべき「下ネタの三原則」があるという。小室氏が続ける。

「その1は“振らず”。大人数の飲み会などで、仮に男性同士が下ネタで盛り上がっていたとしても、そこで女性に話を振るのはNG。基本的に女性は下ネタを男性の前で口にしたくありませんからね。ただ、女性は想像で興奮する生き物。直接話を振らなくても、女性の耳に下ネタが入れば“この人とのエッチはどうなるんだろう”と意識してしまうんです」

 その2は「聞かず」。カップ数や初体験のエピソードなどは、気になっても聞いてはいけない。

「『これまで何人とつき合ってきたの?』と聞かれただけで女性は警戒します。過去の話を聞き出すよりも、自分の過去を話したほうが、よっぽど女性はスケベなことを考えちゃう。たとえば、男性から『初めての彼女との初体験、緊張し過ぎて上手くいかなくてさ』といわれたら、女性は“当時ウブだった彼は、今、どんなセックスをするんだろう”と想像してしまう」(小室氏)

関連記事

トピックス