国内

「政治家の妻」タイプは小選挙区制で変化 ドライな夫人増加

橋本龍太郎元首相夫妻(時事通信フォト)

「政治家の妻」のタイプは、小選挙区制の実施(1996年)を境に大きく変わった。派閥政治が全盛だった中選挙区時代は、派閥ごとに夫人の会が組織され、選挙も派閥ぐるみで戦った。そのため、重鎮議員の夫人が若手議員の妻に、「政治家の妻」の心得を厳しく指導した。

 安倍晋三首相の母(安倍晋太郎・元外相の夫人)で「安倍家のゴッドマザー」と呼ばれる洋子夫人がリーダーを務めていた清和会(旧安倍派)夫人会の元代議士夫人は、「古参の夫人たちのご機嫌を損なうと夫の出世に影響する。新人議員の妻はそれこそ小間使いみたいに働きました」と振り返る。代議士夫人も“雑巾掛け”させられたのだ。

 だが、小選挙区制が定着するにつれ、地元ではなく東京の議員宿舎に住み、選挙をしない妻が増えてきた。

 ある代議士は、出馬にあたって妻に強硬に反対され、「選挙の応援は一切しなくていい」と約束させられた。ベテラン秘書が言う。

「それでも夫人は選挙期間中に1回だけ地元に挨拶に来る。その時は先生が駅まで夫人を迎えに行き、帰りは最敬礼で見送っていました」

 最近では、実力者や大臣になっても夫人を表に出したがらない政治家も多い。ポスト安倍では、菅義偉・官房長官の真理子夫人、河野太郎・外相の香夫人は写真もほとんどない。

関連記事

トピックス

橋本環奈
【夜のレア写真】橋本環奈「うなじが輝いている!」「可愛すぎる」通行人が驚く妖艶な着物姿、松嶋菜々子とドラマ初共演ロケ現場
NEWSポストセブン
現地で配られていたチラシ
《壱岐市の高校生が遺体で発見》里親が50分にわたり告白「隼都くんの過去の家出」「台風の中、外で正座」の真相は
NEWSポストセブン
岸田文雄・首相が決断しきれないのは「高市氏の背後の勢力」も関係?(時事通信フォト)
高市早苗大臣の放送法文書問題 岩盤保守層の支持失うのを恐れて岸田首相は更迭できず
週刊ポスト
麻薬特例法違反の疑いで警視庁に逮捕された道端ジェシカ容疑者(Instagramより)
MDMAで逮捕の道端ジェシカ容疑者「カエルの毒でデトックス」「嘔吐シーン」の不可思議な近況
NEWSポストセブン
ベンチで存在感をはなつ城石(時事通信フォト)
《WBCベンチで存在感》栗山監督の横にいるイケメン参謀コーチは「フリーターからプロ入り」異色経歴と元妻は人気女子アナ
NEWSポストセブン
残り2試合、山川の力が必要な時がくるはず(時事通信フォト)
侍ジャパン山川穂高、決戦直前の「生牡蠣ランチ」が波紋 「万が一があったらどうする」と怒りの声も
NEWSポストセブン
高身長、がっちりした体格の大谷亮平を目撃
【日韓の架け橋に】大谷亮平「”あわや事故”にも動じない」イケメン神対応の瞬間
NEWSポストセブン
関取29人のリアルな素顔(左から貴景勝、霧馬山、豊昇龍/時事通信フォト)
【大相撲・注目力士名鑑】NHK中継ではわからない 関取29人のリアルな素顔
週刊ポスト
逮捕された道端ジェシカ容疑者
道端ジェシカ逮捕で心配される「道端三姉妹」“唯一無傷”の長女・カレンへの「風評被害」
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【独占】テレ東退社の森香澄アナ 新たな所属先は「YouTuber事務所」
NEWSポストセブン
議論を呼ぶ「ペッパーミル」パフォーマンス(時事通信フォト)
高野連が異例の声明 東北高校「ペッパーミル」が野球ファンの支持を得られなかった背景は
NEWSポストセブン
テレビ業界にも波紋を呼んだ婚外デートの山本は、今後、どうなる
バレー元日本代表・山本隆弘「ディズニー婚外デート報道」でフジMC番組出演危機 番組広報は「現時点では未定」と回答
NEWSポストセブン