• TOP
  • コラム
  • 「ママ友の夫」の年収を調べてマウンティングする麻布妻たち

コラム

2018.04.11 17:00  マネーポストWEB

「ママ友の夫」の年収を調べてマウンティングする麻布妻たち

富裕層ママが集まるとマウンティングが起きる……(写真はイメージ)


 富裕層の代表格である「麻布妻」。そこで繰り広げられる女性同士の“バトル”の実態を知ると、マウンティングはどんな階層の人たちの間でも行われていることがわかる。一般には見えてこない富裕層ママたちの実態を、アラサー美人主婦ライターで「麻布妻」の1人である高木希美氏がリポートする。

 * * *
 私と、近所のマンションに住む真麻さんは、お嬢様系と言われる学校や女子大を卒業するなど育った環境が似ていることから、2人でランチする機会が増えました。

 そうした女子校を卒業した方々ならわかるかと思いますが、温室育ちで過保護に育てられた同級生が多く(たぶん私もです)、結婚後も近くに親が住んでいるから、子供が生まれたら実家に頼って手伝ってもらうことは珍しくありません。

 真麻さんも私も、母が週2日ほど子供を見ていてくれる日があるところまで同じ。校則が厳しかった学校の話、学生時代に仲が良かった男子校に共通の友達がいる話などで盛り上がっていました。「開成の○○くんと遊んだよね!」「武蔵でカッコよかったのは××くんだよね!」という具合です。

 そんな真麻さんを交え、また4人でランチ会が開かれました。“主演”は以前にもマウンティングバトルを繰り広げた、私と同じマンションに住む「うちベンツ乗らない主義!」の晴香さん(夫は外資系金融)、そして近所のマンションの幸子さんです。

 場所は六本木のグランドハイアット東京のフィオレンティーナ。

「みんな土曜の夜とか何してるの~? 飲みに行こうよ」

 幸子さんは、私と真麻さんのほうを向いて、そんな提案をしました。マウンティング相手の晴香さんの目は見ずに。

「たしかに子供が生まれてから、なかなか夫以外の人と外に夕食に行く機会がないから、行きたい!」と真麻さん。

「ご近所同士だし、麻布十番とか広尾あたりで食べれば、すぐ帰れるよね」と私。

「土曜日なら主人にも子供を見てもらえると思う。相談してみよう」と幸子さん。

 そんな話をしていましたが、晴香さんがかぶせてきました。「みなさんのとこみたいに、うちの旦那くんは暇じゃないので」「旦那くん、週末も仕事で忙しいの。会社でも期待されてるし、実際に成果出してるから」──。

 幸子さんの家はご主人がかなり育児に協力的で、素敵だなと思いますが、それがイコール暇かといえば違うと思います。男性自身の意識や価値観の問題ではないかと……。

 幸子さんが先に帰宅し、3人になった時、晴香さんが言いました。

「うちの旦那くんに話したら、幸子さんちのご主人の会社って、年収はたかが知れてる額だったんですよ。私たちみたいな外資系金融とかならまだわかるけど、ベンチャーでしょ? うちの旦那くんも『あのマンション、3LDKだったら家賃30万~40万円くらいはすると思うけど、払えるくらい稼いでるのかな?』って首傾げていて」

 晴香さんの会話の主語がいつも「旦那くん」なのが耳障りになってきます。

 こうしたケースは晴香さんだけではありません。「夫」でマウンティングし、「ママ友の夫の年収を勝手に調べる」のが“麻布妻”の典型的パターンなのです。

関連記事

トピックス