• TOP
  • ビジネス
  • 日銀「黒田総裁続投」で日本経済は失われた30年へ突入

ビジネス

2018.04.12 07:00  週刊ポスト

日銀「黒田総裁続投」で日本経済は失われた30年へ突入

 かつてのアメリカの石油王ロックフェラーや鉄鋼王カーネギー、鉄道王スタンフォードのような人物が21世紀の日本で生まれるとしたら、この「余っている不動産問題」を新たな富に変えた人物だと思う。

 しかし現実は、余っている不動産を意欲ある事業家に開放する法的手段は全く整えられていない。そして20世紀の古い経済学しか知らない黒田総裁の下で、さらにこれから最長5年間も的外れな金融政策が続く。1990年代からの「失われた10年」は2000年代も続いて「失われた20年」になったが、このままいくと2010年代から2020年代にかけても好転の見込みはなく、「失われた30年」が確定する。黒田総裁の続投はそういう意味だということを、国民は肝に銘じるべきである。

※週刊ポスト2018年4月20日号

関連記事

トピックス