• TOP
  • 特集
  • 吉沢明歩「機会があればお岩さんみたいな役に挑戦したい」

特集

2018.04.22 15:59  週刊ポスト

吉沢明歩「機会があればお岩さんみたいな役に挑戦したい」

演技力には定評がある吉沢明歩

 元々グラビアアイドルとして活動していたが、AVデビューをしたら大ブレイク。高い演技力を活かしてVシネマやドラマにも出演するようになった吉沢明歩(34)が、Vシネマに出演する意義について語る。

 * * *
 Vシネマへの出演は「好きじゃないとできない仕事だな」って、すごく感じます。スケジュールはものすごくタイトだし、正直ギャラも少ない。私自身は本業であるAVで安定した収入がありますが、そうじゃなければ、やっぱり躊躇してしまうかもしれません。

 私の場合はもともと演技のお仕事がしたくてAVの世界に入ったようなものなので、どの作品の現場もすごく勉強になっています。城定秀夫監督のように、エロだけじゃなく人情味を作品に織り込むような魅力的な監督さんも多いですし、極道の妻だったりヤンキーといった“素”の自分とはまったく違う役柄を演じるのも楽しいです。演技に入る前の気持ちの作り方、スイッチの入れ方は、AVの撮影時にも活かされていると思います。

 Vシネでの濡れ場シーンとAVでのそれは、私のなかではまったく別物です。あくまで演技でセックスしているだけのVシネは、AVとは違う難しさがあります。例えばイク瞬間は、よりわかりやすいお芝居で表現しなきゃいけないですし、セックスを最初から最後まで露骨に見せるわけじゃないからこそ、どういう体勢をとれば身体のラインがきれいに映るか、というところにも気を配らなきゃいけない。

 Vシネの撮影では前貼りを付けますが、付けないことが普通である私からすると、前貼りがあることで気持ちが一歩引いてしまって、逆に恥ずかしいっていうのもあります(笑い)。

関連記事

トピックス