• TOP
  • コラム
  • 子どもと楽しく学習しよう!関東のおすすめ工場見学

コラム

2018.04.28 20:00  たまGoo!

子どもと楽しく学習しよう!関東のおすすめ工場見学

子どもと楽しく学習しよう!関東のおすすめ工場見学


子どもを対象とした工場見学というと、早くに予約をする必要があったり、料金が高かったりして、時間や出費が削られていくのではないかと思っている方がいるのではないでしょうか?しかし、最近の工場見学は、昔よりも敷居の低いものとなっています。工場見学の詳細や関東でおすすめの見学先について、ご紹介します。

工場見学って一体どういうもの?

工場見学とは、会社やメーカーの工場を実際に訪れ、商品が出来上がるまでの過程を見ることができるというイベントです。工場にもよりますが、出来立てのお菓子などを試食できるなどの特典を付けている場所もあります。

普段使っているもののルーツが発見できる

普段使っている製品や食べている食品は、どのようなものからできているのだろうと考えたことはありませんか?工場見学では、そのルーツを探ることができるので、子どもはもちろんのこと、大人でも十分に楽しむことが可能です。「あの製品はこんな風に組み立てられていくのか」ということや「この食品は、こんなものから作られているとは知らなかった」というからくりが分かるなど普段の生活では知ることのできない新しい発見も、数多く生まれます。

自分の目で商品を見ることができる

工場見学では、実際に自分の目で商品が出来上がるまでの過程を見学することができます。例えば、ケーキ工場なら、最初の粉の混ぜ合わせから、仕上げのデコレーション過程までを見ることが可能です。スーパーなどでは、製品の完成形のみしか見ることができませんので、どのようにして制作されているのかが分かりませんよね。しかし、その過程を見ることで、製品自体に愛着を持つことができるかもしれません。また、子どもも、その特別な光景に喜ぶことでしょう。

自分の希望の工場を選択することができる

工場見学を取り入れている会社などは、近年増加しています。例えば、子どもが大好きな、食品やお菓子メーカーなども数多く工場見学を行っているため、探しがいがありそうですね。見学先を選択する基準は、メーカーを参考にしても良いですし、製品によって選ぶことも面白そうです。人気の見学先は、出来立ての製品をその場で試食できる工場や、実際に販売されている製品の製作を体験できる場所が人気のようです。

工場見学をするにはどうしたら良い?

工場見学の内容は、会社やメーカーによって異なりますが、事前予約が必要な見学先が多いといわれています。また、個人では予約ができない見学先もあるので、希望する工場にしっかりと問い合わせを行う必要があります。

まずは、工場見学についての情報収集を行う

子どもと工場見学をすることが決まったら、希望や目的に合わせて、それにふさわしい工場の情報収集を行いましょう。この時点でしっかりと情報を集めておかないと、実際に工場見学に行ったけれど、「希望と違った」と感じたり、「体験したいことができなかった」と後悔が残ったりすることがあります。そのために、工場見学の料金や特典、内容についての確認は入念に行いましょう。また、工場によっては、すぐに定員が埋まってしまう場合もありますので、早め早めの行動が大切だといえます。

工場見学で何を体験できるかを知る

手づくり体験や試食などのイベントが、工場見学にはセットとして含まれている場合も多いものです。しかし、そのくわしい内容は、工場見学先によって異なりますので、子どもがどのような体験をしたいかや親子で楽しむことができるかを、工場のホームページなどで調べてみましょう。工場内を見学するだけでも、もちろん勉強になり、良い経験を持つことはできますが、実際に手づくり体験などをしてみることで、楽しさが2倍、3倍へと膨らみます。その分、親子の貴重な思い出も残してくれます。

目当ての工場見学先に問い合わせてみる

目当ての工場見学先を絞ったら、工場のホームページの申し込みフォームや電話、メールなどで問い合わせをしてみましょう。また、問い合わせをする前に、ホームページの質問欄に「工場見学」についての詳細が記載されている場合もありますので、まずはその箇所を確認することで、疑問を解決することが可能となるケースもあります。さらに、工場によっては、子ども向けの質問コーナーが設置されていることもあります。そのような工場には、子ども自身が疑問をぶつけることができますね。

関東でおすすめの工場見学先七選

ここでは、関東エリアでおすすめの工場見学先をご紹介します。関東近郊に在住の方は、ちょっとしたお出掛けにぴったりですし、関東以外に在住の方は、家族旅行のプランのひとつに入れても良いでしょう。実際に物づくりを体験できる場所から、CMでおなじみの工場まで、ラインアップは盛りだくさんです。

自然を肌で体験できる「三富今昔村」

三富今昔村は、工場見学の他に、カフェやテーマパークも備えられているため、子どもと一緒に大人も、思いっきり楽しむことができそうです。東京ドーム約4個分の広さを持つ里山には、リサイクル工場や、農薬などの化学物質を一切使っていない農園があり、工場見学や野菜の収穫体験、料理体験も行うことができます。また、のどかな自然が広がっていますので、四季折々の景色を楽しむことも可能です。自然豊かな場所で、さまざまなイベントを楽しみましょう。

施設名三富今昔村

施設内容自然体験

営業時間4月~10月 10:00~17:00
11月~3月 10:00~16:00
定休日 毎週日曜日

アクセス□所沢ICより車で約20分
□東武東上線ふじみ野駅⇔くぬぎの森交流プラザ⇔寄り道の駅間を送迎バス運行中
□東武東上線ふじみ野駅西口ロータリー「バス乗降場所」よりご乗車約30分

住所埼玉県入間郡三芳町上富緑1589-2

URLhttp://santome-community.com/events/

料金入場料 大人500円、学生・未成年は無料
体験は別途料金

その他体験プログラムや工場見学はインターネットで予約可能

アニメCMの「クリクラ中央研究所・町田工場」

子どもに人気のアニメ「クレヨンしんちゃん」でおなじみのメーカー、クリクラ中央研究所。水の歴史や、普段は意識していない水の「ろ過過程」も見ることができます。さらに、この工場では、世界中の水がおよそ1000本展示されているので、世界各国の水を見学することもできます。また、ウオーターサーバーも展示されており、工場見学を終えた後に、クリクラを実際に使うことが可能です。親子で飲み合い、水についての感想を語り合うのも、勉強になりますよ。

施設名クリクラ町田工場 中央研究所

施設内容ウォーターサーバー製造工程見学

営業時間毎週水曜・土曜・祝日(日曜と重なる場合は振り替休日)
午前の部:11:00~12:00
午後の部:14:00~15:00(水曜は午後の部のみ開催)

アクセス東京都町田市小野路(小野路交差点前)小田急鶴川駅より
神奈川中央バスにて20分

住所東京都町田市小野路町1716-1

URLhttps://www.crecla.jp/factory/machida/

料金無料

その他インターネットまたは電話予約 0120-867-867

大迫力!「加藤牧場の手づくりアイス バッフィ」

大自然に囲まれている加藤牧場では、牛を間近で見ることができます。動物と触れ合うことで、子どもたちも満足してくれることでしょう。また、子どもを対象とした、手づくりバター体験や乳絞り体験、酪農体験、ピザ作り体験などのイベントも盛りだくさんです。また、加藤牧場は、ランチ営業も行っているため、ママたちも大助かりですね。さらに、日替わりで100種類以上のジェラートを販売しているので、さまざまなフレーバーを家族で試してみるのもおすすめです。

施設名加藤牧場の手づくりアイス バッフィ

施設内容バターやアイスなどの手作り体験

営業時間10:00-17:00
定休日12/31、 1/1

アクセスJR川越線武蔵高萩駅あさひ口徒歩20分

住所埼玉県日高市旭ケ丘572 バッフィ日高本店

URLhttps://baffi.ne.jp/reservation

料金体験料300~1000円

その他前日までに電話予約042-984-1414(10:00-17:00)

飛行機の秘密がわかる JAL工場見学「SKY MUSEUM」

SKY MUSEUMでは、整備士や客室乗務員などの経験者が直接案内してくれます。格納庫見学では、普段間近で見ることのできない航空機をとても近くで見学できます。写真撮影や滑走路に離着陸する航空機も見学することができて、子どもたちも大興奮間違いなしですね。展示エリアでは航空関係の仕事の紹介や航空機の展示が盛りだくさんです。制服を着用して航空機のパネルをバックに撮影もできて記念になりますね。。また航空機の仕組みなどを教えてくれる「航空教室」も開催されているので、親子で楽しく学ぶことができます。

施設名JAL SKY MUSEUM

施設内容航空見学、格納庫見学

営業時間10:00~11:40、11:30~13:10、13:00~14:40、14:30~16:10、16:00~17:40
(1日5回開催) 年末年始を除く

アクセス東京モノレール「新整備場」駅下車、徒歩2分
(駐車場・駐輪場なし)

住所東京都大田区羽田空港3-5-1 JALメインテナンスセンター1

URLhttps://www.jal.co.jp/kengaku/

料金無料(小学生未満は安全面から入場不可)

その他インターネット予約

高速割卵機がすごい!キューピーマヨネーズ工場

工場見学の前には、キューピーの歴史やマヨネーズのひみつを分かりやすく説明してくれます。マヨネーズの作り方の映像を見たり、キューピードレッシングをかけた野菜の試食があったりと親子で楽しめる内容になっています。またマヨネーズ製造工程の見学では、1分間に600個もの卵を自動で割り、瞬時に卵黄と卵白に分けることができる高速割卵機を見ることができます。そのスピードに子どもたちもびっくりすることでしょう。1日に100万個もの卵を使用するという工場で、そのスピードと量を体感してみてくださいね。

施設名キューピーオープンキッチン五霞工場

施設内容マヨネーズの製造工程の見学

営業時間10:00~、13:30~(所要時間約1時間30分)
土日休館

アクセス□電車
JR線「栗橋駅」東口から車で15分
東武日光線「南栗橋駅」東口から徒歩20分
□車
東北自動車道「加須IC」から20分
「久喜IC」から20分
圏央道「五霞IC」から10分

住所茨城県猿島郡五霞町小手指1800

URLhttps://www.kewpie.co.jp/know/openkitchen/goka_01.html

料金無料

その他3日前の9:00までにインターネット予約
それ以降は電話予約 
0280-84-3925(9:00-11:30、13:00-16:00)

しょうゆのソフトクリームがおいしい キッコーマンもの知りしょうゆ館

しょうゆの歴史から知識まで、しょうゆに関するすべての事がわかる「キッコーマンものしりしょうゆ館」。最初にしょうゆの歴史や作り方の映像を見て学習してから、製造工程を見学します。展示見学では大豆がどんな工程を経てしょうゆになるのか、大きなパネルでわかりやすく説明してくれています。また、しょうゆの「色」や「におい」を体感できるコーナーも魅力的です。見学後は併設された「まめカフェ」でめずらしいしょうゆソフトクリームが食べられたり、せんべい焼き体験をしたりすることができます。

施設名キッコーマンもの知りしょうゆ館(野田工場)

施設内容しょうゆの製造工程の見学

営業時間9:00-16:00
【休館日】
毎月第4月曜日(祝日の場合は翌日)、4/22-23(日・月)、ゴールデンウィーク(5/3-6)
お盆(8/13-16)、年末年始(12/28-1/6)

アクセス□【電車】東武アーバンパークライン野田市駅より徒歩約3分
□【車】常磐自動車道・流山インターチェンジより約20分

住所千葉県野田市野田110
キッコーマン食品野田工場内

URLhttp://www.kikkoman.co.jp/enjoys/factory/noda/index.html?version=&

料金無料

その他電話予約 04-7123-5136

おもしろ消しゴム大集合!イワコー消しゴム工場

子どもたちが大好きなおもしろ消しゴム。その消しゴムを製造しているイワコーでは、毎週土曜日に工場見学を実施しています。イワコーの消しゴムがどのようにして作られているのか製造工程を見る事ができます。説明してくれるのはなんとイワコー会長の岩沢さん。そのわかりやすい説明も評判だそうです。最後には消しゴムの組み立て体験ができて、お土産にもらう事ができます。これは子どもも大喜びですね。見学後にはイワコーの約200種類以上もある消しゴムを、半額で購入することもできて大変お得です。

施設名イワコー消しゴム工場

施設内容消しゴムの製造過程見学、消しゴム組み立て体験

営業時間毎週土曜日
10:00~、13:30~

アクセスつくばエクスプレス線 八潮駅徒歩15分

住所埼玉県八潮市大瀬184

URLhttp://www.iwako.com/factory-information

料金無料(小学生未満は見学不可)

その他電話予約048-998-5502(平日9:00-17:00)

おわりに

工場見学は、インターネットなどで簡単に申し込みをすることができます。しかし、人気の工場見学先だと半年前に予約をしないと定員が埋まってしまう場合もあります。そのため、申し込みをする際は、注意が必要です。家族一緒に工場見学をすることで、楽しい思い出ができると良いですね。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。ご了承ください。

関連記事

トピックス