ライフ

ビッグカツ、ココアシガレット、ヨーグル…懐かしの駄菓子たち

ご飯のおともにも◎「蒲焼さん太郎」

“そうそう、こんな味だった!”幼いころの甘酸っぱい思い出がギュッとつまった、宝石箱のような駄菓子店で、懐かしの味を集めてみました。駄菓子は、江戸時代が起源とされる説が有力、と昭和レトロライターの初見健一さん。

「当時、砂糖は庶民が口にすることができなかったため、水あめや果物で甘みをつけた安いお菓子を“一文菓子”、“雑菓子”と呼んで食べていたようです。昭和になると、まとめて“ダメな菓子”ということで“駄菓子”と呼ぶようになりました」(初見さん)

 駄菓子は体に悪い? といったイメージを持つ人もいるが、現在は材料も変わり食品表示も明確に記載されている。では、そんな懐かしの駄菓子を見てみよう。

●蒲焼さん太郎
「子供心に、蒲焼きというネーミングが魅力的でした。魚肉を使っているようですが、甘いたれの感じはまさにうなぎの蒲焼き。ご飯のおともにも◎」(神奈川県・39才・主婦)。1枚10円/菓道

●ビッグカツ
 名前はカツだが、実は魚のすり身を使っている。「衣がジューシーで、ソース味もこってりパンチが効いている。トースターで焼いてカリッとさせてもおいしいですよ」(駄菓子屋研究家・土橋真さん)。1枚30円/菓道

●モロッコフルーツヨーグル
 駄菓子と言えばこれを思い出す人も多い。レトロなパッケージがキュート。「甘酸っぱく生クリームのような食感。ふたの裏に“あたり”と書かれていれば、もう1個もらえました」(駄菓子愛好家・粕田一美さん)。1個20円/サンヨー製菓

●カステーラ
 砂糖をまぶした一口カステラを串に刺したもので、通称“花串カステラ”。「生地はややパサついていますが、いかにも駄菓子という感じがいいんです」(初見さん)。6本入り120円/佐藤製菓

●ココアシガレット
「タバコ型駄菓子の代表格。くわえるとココアと薄荷の香りがします」(初見さん)。1951年生まれで、ピーク時には年間1800万個を出荷。大人ぶりたい男の子の心をつかんだ。1箱33円/オリオン

撮影/阿部健太郎

※女性セブン2018年5月10・17日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
遺体が見つかった直後の様子(時事通信フォト)
松戸市女児行方不明、DNA検査で南朝芽さんと判明 捜査員の姿が見えなくなった背景
NEWSポストセブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
(共同通信社)
プーチン氏による徴兵「対象は55才まで」「脱走は懲役10年」の現実、「死亡補償ゼロ」の可能性まで
女性セブン
首相秘書官に就任した長男の岸田翔太郎氏
秘書官就任の岸田首相長男「慶応大学時代の選挙応援で教授が激怒」「SNSにワイルド写真投稿」の素顔
NEWSポストセブン
新たな”エースアナ像”を体現しているテレ朝の弘中綾香アナ
資産15億円社長と結婚で“無双状態”の弘中綾香アナを待ち受けるアナウンス室の「出世の掟」
NEWSポストセブン
身振りを交え、目尻を下げながら話す三浦貴大
百恵さん次男・三浦貴大が水卜アナ似30代女性と熱愛 そば店&カラオケデートのあと彼女のワンルームへ
女性セブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
大谷翔平
エンゼルス・大谷翔平 記録的シーズンの途中での異例1年契約は「WBC出場への決意」だと識者は指摘
NEWSポストセブン