• TOP
  • 特集
  • 70年代に誕生の「ビニ本」 ビニールで包まざるを得ない理由

特集

2018.05.08 15:59  週刊ポスト

70年代に誕生の「ビニ本」 ビニールで包まざるを得ない理由

セクシー写真で人気のあまり…(写真はイメージ)

 ビニール包装で販売されたことから「ビニ本」と呼ばれた成人向けグラフ誌。基本判型はA4判52ページで、オールカラーだ。出版社が取次(出版物の卸業者)を通さずに書店に配本する形態で流通したが、一般書店ではほとんど取り扱われず、東京・神田神保町の専門書店や古書店でのみ販売された。価格は1500~3000円が相場だった。

 ビニ本の起源は1971年といわれている。1960年代後半から海外ポルノ雑誌を日本にいち早く輸入し始めた松尾書房という出版社が、1971年に『下着と少女』を創刊。初の本格的な成人向けグラフ誌が誕生した。ビニ本コレクターとして知られるAV監督の斉藤修氏がその衝撃を語る。

「男女のカラミもないソフトな内容ですが、白い木綿のパンティの股間にはうっすらと黒い茂みが透けています。もちろん当時はまだヘアを雑誌に掲載できない時代です。布越しにぼんやりとわかる程度でも驚きでした」

 創刊号は25万部を売り上げ、後発の類似誌が次々と誕生した。ブームを受けて成人向けコーナーを設けた神田神保町の芳賀書店では、立ち読み客が続出した。そのため、ビニールに包んで対策したことが「ビニ本」の由来とされる。

 ビニ本の特徴はもうひとつある。『ポルノ雑誌の昭和史』(ちくま新書)の著者で自身もビニ本の編集に携わっていた川本耕次氏が解説する。

関連記事

トピックス