ライフ

夫婦間で決められた「ルール」守っている人の割合は86%

夫婦の間にルールは必要?(写真/アフロ)

 およそ3組に1組は離婚している現代日本(厚生労働省の『人口動態統計の年間推移』2015年より)。たとえ結婚しても、夫婦生活を円満に続けていくのは至難の業だ。うまくいく夫婦と、そうでない夫婦の差は一体どこにあるのか。そこで、本誌・女性セブン読者474人に夫婦生活に必要な要素を聞いたところ、「ルールが必要」と答えた人が87%にものぼった。それでは、どんなルールが必要なのか、円満家庭の礎を築く「夫婦の掟」をリサーチした。

 読者による「セブンズクラブ」の会員474人に「円満な夫婦関係を築くには“ルール”が必要か?」との質問をしたところ、「必要」答えた人が87%だった。しかし、「夫婦間にルールはある?」との質問で「はい」と答えたのは47%。どうやらルールは必要だと思っていても、実際にルールを設定しているわけではないという夫婦も少なくないようだ。

 ルールが必要なものの作らなかった人の理由として多かったのは、「作っても、どうせ守ってもらえないから」というもの。あきらめだ。

 もし、相手の反対などでルールを決めるのが難しい場合は、きっちり決め込まず、気軽に守れるような簡単な“約束”を少しずつ増やしていくのも手だ。社会学者の田中俊之さんはこう語る。

「ルールを厳しく決め込むと、それに縛られ、夫婦で監視し合う雰囲気になってしまいます。ルールを守ることが原因で夫婦関係が破綻してしまうこともあるんです」

 ルールに疲れ、“家の外”に安らぎを求めてしまっては本末転倒だ。ルールの有無は諸刃の剣なのだ。

「夫婦は互いに受容し合う気持ちを持つことが大切。ルールの根底にあるのは、相手を敬う気持ちなんです」(田中さん) 

 夫婦間のルールの存在意義は、信頼関係をよりよくするためと覚えておこう。

◆2大ルールは「干渉しないこと」「コミュニケーションを取ること」

 一方、夫婦間でルールを設けている人のうち、実際に守っている人の割合は86%と高く、決めたら守る、守っているから円満な関係でいられる実状が見えた。

 さらに、夫婦のルールには、共通点があることもわかった。それは、「お互いに干渉しすぎない」「多少無理しても毎日コミュニケーションを取る」という考えが根本にあることだ。

 これに反し、「そんな当たり前のこと、言わなくてもわかるでしょ」という考えのもと、ルールを設けないのは、50代以上に多く、それ以下の世代は、家事分担に至るまで、細かくルールを決める傾向にあることもわかった。

 女性問題に詳しいコラムニストの川崎貴子さんは、熟年夫婦は、本心ではルールを決めたいと思っていても、長年の習慣でもう手遅れと思っているケースが多いと語る。

「肉体と働き方の激変期にある熟年夫婦こそ、“ルール”を決めることで夫婦関係を再構築するチャンス。ルールを破るのは夫側が多いようですが、定年後は夫婦ふたりの生活が長くなるわけですから、夫も考え方を改める可能性が高い。新たにルールを決めることで、これからの夫婦関係に変化があるかもしれませんよ」(川崎さん)

※女性セブン2018年6月7日号

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
尹錫悦・大統領(右)の対日協調路線は、李在明氏の影響で…(写真=AA/時事、AFP=時事)
韓国・尹錫悦大統領、ライバル・李在明氏の国政進出で早くも反日転向か
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
二階派に動き?(時事通信フォト)
二階俊博・元幹事長に不気味な存在感 日韓関係修復で総理を出し抜く計画か
週刊ポスト
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン