スポーツ

日大宮川選手を追い詰めた監督やコーチの「トンネル」

日大宮川選手を追い詰めたものとは?(写真はイメージ)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、日大アメフト部の宮川選手の謝罪会見をクローズアップ。

 * * *
 アメリカンフットボールの定期戦で、悪質な反則行為で関西学院大学の選手を負傷させた日本大学の宮川泰介選手が、都内で会見を開き、ケガをさせた選手や保護者、関係者に謝罪した。顔を出し、実名公表での会見は「顔を出さない謝罪はない」という本人の希望だった。

 会見場に現れた宮川選手は、黒のスーツ姿。冒頭、同席した弁護士から、会見に至った経緯などが説明されるのを緊張した面持ちで聞いていた。それが終わると、立ち上がって謝罪の言葉とともにまっすぐに顔を上げると、大きな身体を小さく縮めて深々と頭を下げた。その姿に真実を話すことへの迷いは見られない。

 試合までの内田監督や井上コーチらとのやり取り、自分の心理状況などを落ちついた口調で話す。覚悟を決めているという印象だ。反則行為をしてしまった理由を自分の弱さとした上で、「追い詰められていたので、やらないという選択肢はなかった」と、目線を落とす。彼が最後の一線を越えてしまうほど、追い詰められたのはなぜなのだろう。

 宮川選手が置かれていた状況をみると、心理学者メラリが言う「トンネル」というプロセスに似ていたことがわかる。トンネルはマインド・コントロールで使われるプロセスだ。理性ある普通の若者がテロリストに作り替えられるまでのプロセスを、トンネルを通ることに例えているのだが、実はこれ、そんな危険な目的だけでなく、日常の様々なところで、目標や目的達成のために用いられている。例えばスポーツチームやクラブ、日大アメフト部に所属することもトンネルに入るという意味になる。

 このトンネルについて、精神科医の岡田尊司氏は、その著書『マインド・コントロール』(文春新書)で2つの要素があると述べている。

1つはトンネルが外部から遮断された小さな世界だということだ。日本代表にまで選抜されていた宮川選手にとって、アメリカンフットボール部のチームという小さな集団の中での関係が最も重要であり、それが彼の生活のすべての基準であったのだろう。そうなるとそこでのルールや価値観が、彼にとっての価値基準になっていたと推測できる。

 もう1つは、トンネルには入れば出口という1点に向かうしかないということだ。1点に向かって進んでいくうちに、周りから遮断された環境で、いつの間にか視野狭窄を生じさせるのだという。アメフト部というトンネルの中で、選手として試合に出る、試合に勝つという1点に彼の目は向いていたと思うのだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)
【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏
週刊ポスト
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
渋野日向子
渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃
NEWSポストセブン
戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)
字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学
女性セブン
日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる
ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」
週刊ポスト
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン