• TOP
  • 特集
  • 村西とおる氏を不世出の監督にした日本一経験の「トーク術」

特集

2018.05.29 15:59  週刊ポスト

村西とおる氏を不世出の監督にした日本一経験の「トーク術」

「より興奮するセックスの表現や演出を考えるのが得意だし、何より大好きでした。誰もやらないことをしようと擬似ファックが主流だったなかで本番ファックを撮影し、駅弁や顔面シャワーを考案しました」

 村西氏が不世出の監督になれた理由はどこにあるのか。『全裸監督 村西とおる伝』の著者、本橋信宏氏が語る。

「3000人もの女性が村西さんの作品に出た理由は、ひとえに彼のただならぬ情熱に惚れてしまったことに他なりません。セールスマン時代に培った巧みな話術で口説かれた女性たちは、彼に必要とされることに自己肯定感と喜びを感じ、AVの世界に身を投じていきました」

 村西氏は磨きに磨いた「応酬話法」によって女優たちを口説き落としたのだった。

※週刊ポスト2018年6月8日号

関連記事

トピックス