• TOP
  • 特集
  • 村西とおる氏が松坂季実子を口説き落とした「質問話法」

特集

2018.05.30 15:59  週刊ポスト

村西とおる氏が松坂季実子を口説き落とした「質問話法」

伝説の男が奥義を語る

 村西とおる氏が「不世出の監督」となりえたのは「ナイスですねえ」など、その話術によるところが大きい。「応酬話法」とは米国で生まれたセールストークの一種。同氏はこれを百科事典の営業マンだった時に習得したという。人は何かの購入を勧められた時、反論や疑問をある一定の「型」で返すもの。その型ごとに答えを用意して相手を納得に導くのが応酬話法だ。松坂季実子の場合は「質問話法」を駆使したという。村西氏が振り返る。

 * * *
 これは質問によって本音をあぶり出す話法で、AV出演交渉の際に最も有効でした。

 あのトップ女優、松坂季実子もこの話法で口説いたんです。彼女はお父様が自衛隊幹部という家柄の良いコで、当時は有名短大の学生でした。実は初対面の時はあれほどの巨乳とは気付かず、むしろその愛らしい顔立ちと気品に「この子は売れる」と惚れ込んでいました。

 彼女にはこのような質問話法で迫りました。

村西「あなたのその溢れる知性や美の価値、ご自身で理解されていますか?」
松坂「そんなの考えたこともない」
村西「考えないなんてもったいない。あなたの美しさを世に問うてみない?」
松坂「自信がないんです」
村西「自信より大事なのは世の中の評価。ちょっと自分を客観視して突き放してみない?」

関連記事

トピックス