• TOP
  • 特集
  • 村西とおる氏 親バレの不安を払拭した「実例話法」

特集

2018.06.01 15:59  週刊ポスト

村西とおる氏 親バレの不安を払拭した「実例話法」

“帝王”が秘術を公開

 村西とおる氏が「不世出の監督」となりえたのはその話術によるところが大きい。AVという世界に数々の若き女性を口説き入れた村西氏が、彼女たちの親バレの不安を払拭した「実例話法」について解説する。

 * * *
 AV出演の際に女性が抱える不安に対して具体例を示すことで、安心感や説得力が増す話法が実例話法です。この話法は「親や彼氏にAV出演を知られたくない」という女性に大いに有効でした。

 よく使っていたのが、有名AV女優のメイク前後の別人のように変貌した写真2枚を見せること。写真を見せた後に、「メイクの力でここまで別人にできるのですから、心配いりませんよ」と言うのが最も説得力がありました。

 また「AV出演を両親に反対される」ことに怯えていたり、「バレた時、両親はどう思うか」を心配する女性にはこんな方法もありました。

 実は当時、ダイヤモンド映像の専務は専属女優第1号・沙羅樹の父親でした。その専務を呼んで、娘がAVに出たと知った時の気持ちをストレートに話してもらったのです。

関連記事

トピックス