• TOP
  • 特集
  • 元人気女優・沙羅樹「村西とおるさんは私や家族の救世主」

特集

2018.06.02 15:59  週刊ポスト

元人気女優・沙羅樹「村西とおるさんは私や家族の救世主」

村西監督の秘話を人気女優が語る

 ダイヤモンド映像の専属女優第1号だった沙羅樹。白い肌と美乳で黒木香とともにメーカー黎明期の大スターとなったが、彼女の作品を手掛けた村西とおる監督とは家族ぐるみの付き合いだったという。沙羅が当時の状況と村西監督について振り返る。

 * * *
 AV業界に入ったキッカケはスカウトでした。高校在学中に渋谷の109に遊びに行った時に偶然声をかけられて。とにかく有名になりたかったんです。有名になれば、勉強が苦手な私でもお金を稼げるなぁって。

 1本目は村西さんとは違うメーカーで撮っていただきました。そのギャラを受け取りに行った喫茶店で、村西さんとたまたま出会ったんです。

 お金を受け取り、AV出演に少し後ろめたい気持ちを感じていた私が俯いていると、 “顔を上げなさい”と。そう優しく話しかけてくれたのが村西さんでした。

 鋭い眼光で心まで見透かされたように感じて、私の人生で後にも先にもこんな人と出会うことはないだろうと思いました。すでにほかのメーカーの所属が決まっていましたが、村西さんに「僕と一緒に仕事をしないか」と言われた瞬間、この人としか仕事をしたくないと思って、「はい」と返事をしてしまったのです。

 でも、監督から本番撮影の話をされた時だけはかなり抵抗しました。どうせモザイクをかけるんだから、本番してもしなくても同じでしょうと。そんな私に監督は「君は本番した方がもっと人気になる」と。私はお金がほしかったので、「監督、絶対にトップにしてくれますね?」と聞くと、「絶対に約束する」と断言しました。結果的には名前も作品も売れました。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス