芸能

王貞治氏の再婚、当初は反対あったが成立に至るまで

交際10年で再婚を決めた理由は?

 80才目前にしての入籍の決断。年齢を重ねるほどに、背負うべきものは大きくなり、新しい一歩はためらわれるものだ。特に、亡き母を慕い、自分を支えてくれる子供たちの存在。「なぜ今さら結婚にこだわるの? パートナーじゃいけないの?」──それでも王さんが「結婚」に踏み切った理由。

 東京都目黒区の閑静な住宅地にある圓融寺(えんゆうじ)。853年に建立された本堂釈迦堂は都内では2番目に古い木造建築とされ、国の重要文化財に指定されている。

 つい先日、福岡ソフトバンクホークスの王貞治球団会長(78才)は、その寺を訪れていたという。

「圓融寺には57才で亡くなった恭子前夫人のお墓があります。王さんは墓前に手を合わせて花を供え、何かを語りかけるようにじっと佇んでいました」(寺関係者)

 妻思いで知られる王さんが墓前に報告したのは、自らの「再婚」だったに違いない。6月1日、王さんは一般女性のA子さん(60才)との結婚を発表。78才にしての「世界の王」の再婚に世間は驚きに包まれた。

「A子さんは福岡・中洲の有名料亭のお嬢さんです。20年前ほど前、王さんがダイエー監督時代にその料亭を訪れてから、ひいきにしていたそうです。そこで女将だったA子さんと出会った。なかなかチームの結果が出ずに落ち込む王さんを、いつもA子さんが励ましていたそうです」(王さんの知人)

 王さんは2001年に35年間連れ添った前妻の恭子さんを胃がんで亡くした。最愛の妻の死にショックを受けた王さんは、2006年には自身も胃がんを患い、胃の全摘出手術を受けた。その当時、王さんの闘病を献身的に支えたのがA子さんだった。

「看病を機によき友人から恋人に関係が変わったようです。2009年頃から福岡にある王さんのマンションで同棲を始めて、3年前からは、都内の一戸建ての本宅とは別に、六本木にマンションを借り、A子さんを呼んで一緒に暮らし始めました」(前出・王さんの知人)

 何事もオープンにする王さんらしく、A子さんとの仲は球界では広く知られていた。

「王さんは昨年末、名球会のハワイ旅行にもA子さんを同伴し、同行した名球会メンバーに“ウチのかみさんだからよろしく”と彼女のことを紹介していました。A子さんは球場にもよく来ますが、会長室には入らずにスタンドで観戦する謙虚なかたです。球団関係者からは、すでに“奥さま”と呼ばれていました」(球界関係者)

 A子さんは還暦を迎えた女性だが、年齢よりも若く見えるという。

関連記事

トピックス

性加害報道のあった木下ほうか(前所属事務所のホームページより。現在は削除済み)
【LINE全文】木下ほうかが取り下げた性加害報道裁判「ヤダヤダって何度も言ってるのに無理矢理そのまま入れようと」「直接会って謝りたいです」 事件直後のやりとり34通
NEWSポストセブン
逮捕されたガーシー容疑者(写真/共同通信社)
ガーシー容疑者、連行時の“不敵の笑み”はダークヒーローキャラを保つため?“暴露系”復活の可能性はあるか
NEWSポストセブン
秋篠宮さまと紀子さま、英国王戴冠式で垣間見られた“不協和音” 悠仁さまの教育方針でも意見の食い違い
秋篠宮さまと紀子さま、英国王戴冠式で垣間見られた“不協和音” 悠仁さまの教育方針でも意見の食い違い
女性セブン
リナ・ローズ氏と高級スクール
「トラブルで辞める人多数」元保護者が激白する麻布の高級スクールへの違和感 本部あるビバリーヒルズ住所を調べた結果
NEWSポストセブン
御成婚30年を迎えるおふたり(写真/共同通信社)
御成婚30年の天皇皇后両陛下 喜びや悲しみを分かち合ってきた「愛と絆の歩み」
週刊ポスト
逮捕されたガーシー容疑者(写真/共同通信社)
【青Tシャツで逮捕】ガーシー容疑者、逮捕を誰より心配していた”オカンへの愛“と深い親子関係「産んでくれておおきに!」
NEWSポストセブン
「三振の求め方」は異なると江川卓は語る
【江夏豊×江川卓対談】剛腕で鳴らした2人が貫いた美学「江川は空振り、俺は見逃しで三振を取りたい」
週刊ポスト
ファンに向けて「無事」を讃えていたガーシー容疑者
《逮捕へ》ガーシー容疑者がオンラインサロン停止直前に会員に語っていた「壮大な夢」
NEWSポストセブン
羽生
羽生結弦、あふれる地元愛 仙台市内のマンション最上階2部屋を2億円で購入 父の退職を機に家族で転居
女性セブン
2017年「侍ジャパン」の新ユニフォームを披露した筒香(時事通信フォト)
《元侍ジャパン主砲》筒香嘉智、現在の姿に衝撃走る かつては「牛のように食べる子供だった」男が激痩せする理由
NEWSポストセブン
猿之助の両親の死因は向精神薬の摂取による中毒死とされている
市川猿之助が“遺書”で宛てた付き人兼俳優 騒動後も平然と明治座に現れる姿に「恐ろしく精神の強い人」の声
女性セブン
2010年、外国人記者クラブで会見するリナ氏。当時はプラダジャパンで部長を務めていた(写真/AFP=時事)
「ピンクの猫好きプリンセス」返金トラブルの高級スクール創立者、家賃滞納の裏で「ビバリーヒルズ移転」「16歳の息子に代表交代」
NEWSポストセブン