国内

テレ朝「セクハラ調査」 会社が本気出したら処分者大量か

テレ朝は財務省への抗議を表明(AFLO)

〈2人で食事に誘われ、抱きつきやキスを求められる〉〈お酒の席でホステス的な扱いをうける〉──。

 ズラリと並ぶ“セクハラ告発”の文言。これらはテレビ朝日の労働組合が5月17日に発行した「組合ニュース」に掲載されたもの。組合員にのみ配布されるA4用紙5枚の両面に印刷された資料の表紙には「ハラスメントに関するアンケート調査報告」とある。

 財務省の福田淳一・前事務次官の「セクハラ辞任」は記憶に新しい。霞が関エリートの頂点に立つ人物が取材時に、「おっぱい触っていい?」「キスしていい?」などと繰り返し発言していたことの衝撃に加え、被害者である女性記者から相談を受けたテレ朝がその際に対応しなかったことも問題視された。

 これを受けて、テレ朝の角南源五社長は4月24日に記者会見を開き、「社員からセクハラ情報があったにもかかわらず、社内で適切な対応ができなかったことは深く反省している」と述べ、今後の取り組みとして、「社内に相談窓口はあるが、問題点がなかったか速やかに検証する。社内で特別チームを組んで、この問題への対応や今後のコンプライアンス体制の見直しに取り組む」と表明した。アンケート調査の実施は、その会見直後だった。

「4月末、組合から『ハラスメントに関するアンケート』という表題で一斉メールが配信された。私たちは無記名でアンケートに回答しました」(30代の男性社員)

 その結果、数多くの“告発”が調査報告に掲載されたのだが、そこではテレ朝にとって驚きの実態が浮き彫りになった。

「調査に至る経緯を考えれば、社外でセクハラに遭っている女性局員は他にもたくさんいるかもしれないので、その実情を把握することがアンケートの目的だったはず。しかし結果は、〈社外関係者からセクハラを受けた〉という女性よりも、〈社内関係者からセクハラを受けた〉と答えた女性の方が多かったのです」(同前)

関連キーワード

関連記事

トピックス

えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
3人息ぴったりの「お家芸」はお茶の間を沸かしてきた
上島竜兵さん追悼 老若男女問わず幅広く愛された“伝統芸”と人柄
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン