• TOP
  • 国内
  • 自宅競売直前の籠池氏を直撃 W杯も見ずに読んでいる本は?

国内

2018.06.28 11:00  NEWSポストセブン

自宅競売直前の籠池氏を直撃 W杯も見ずに読んでいる本は?

もっぱら読書の日々(時事通信フォト)

 現在、民事再生中の学校法人「森友学園」の前理事長・籠池泰典氏(65)。補助金詐欺容疑で起訴され300日にわたり大阪拘置所に拘留されていたが、5月25日に保釈され、現在は大阪府豊中市にある築約40年の自宅に戻っているという。

 実はこの自宅、大阪地裁が強制競売にかけると公告しており、入札期間は6月28日~7月5日。7月18日には地裁が売却の可否を決める予定となっている。土地と建物一括の売却基準価格は2138万円。最低価格(買受可能価格)は約1710万円だ。元々籠池氏は4000万~5000万円ほどで買ったという。

 となると籠池氏が今の自宅で過ごせる日々は、もうそう長くはない。どんな毎日を送っているのだろうかと思いきや、最近は家の中で本ばかり読んでいるという。籠池氏が近況を語る。

「1日6冊ぐらい読みますね。最近読んだのは……(と手元にある本を漁る)、『権力の「背信」~「森友・加計学園問題」スクープの現場~』(朝日新聞取材班)ですね。多少、言いたいことはあるけど、時系列的によくまとまっているよね。

 あとは『生命の実相』(谷口雅春著)ですかね。生長の家について書かれた本で、もう一度学び直そうと思いました。他にも稲盛和夫さんの『人生の王道』、安岡正篤さんの『運命を開く』、小説なら『二十四の瞳』を読みました。

 これまでは教育関係の本ばかり読んでいたので、色んな本を読まなきゃいかんな、と。テレビ? ほとんど見ませんな。CMが多くてね……」

 というわけでサッカーW杯もテレビ観戦することなく、読書三昧の日々を送っているようだ。今後は自宅に住めなくなる可能性もあるが、「自分たちが活躍していくべく、何ができるのか考えていきたい」と語るなど、悲壮感はまったく見られなかった。

関連記事

トピックス