• TOP
  • スポーツ
  • 最速119km“神ピッチング” 14歳女子の「甲子園への思い」

スポーツ

2018.07.08 07:00  NEWSポストセブン

最速119km“神ピッチング” 14歳女子の「甲子園への思い」

「普段はふつうの女の子です」と笑う

  夏の甲子園に向けた地方大会が始まっている。さらに、来年以降の甲子園を目指す中学生球児たちも連日の練習に励んでいる。そうしたなかで、周りとは少し違った思いを持つ「女子中学生」がいる。中学生の硬式野球・ボーイズリーグ日本代表候補に名を連ねる中学3年生の島野愛友利さんだ。『永遠のPL学園』などの著書がある、ノンフィクションライター・柳川悠二氏が彼女の思いを聞いた。

 * * *
 坊主頭がほとんどのチームメイトの中にあって、ポニーテールに髪を結った少女の存在感は際立っていた。彼女の手には、所属先の大淀ボーイズ(大阪)の関係者から託された「1」番の背番号が握られていた。

「ショートカットだと髪がくくれなくて、かえってピッチングの邪魔になる。それにボーイッシュすぎたら、男の子か女の子か分からなくなるじゃないですか。普段はふつうの女の子です(笑)」

 4月に開催された中学硬式野球・ボーイズリーグの日本代表を選出するトライアウト。関西地区の各チームから推薦された選手の中に、ひとりだけ女子選手がいた。それが大淀ボーイズの中学3年生・島野愛友利さん(14歳)だった。

 投手としての最速は119km。これだけでも男子と渡り合える球速だが、それ以上に女子特有の柔軟性をいかし、低い重心から鋭く腕を振り抜く投球フォームが目に留まった。稲村亜美の“神スイング”ならぬ“神ピッチング”。

「力ではなく、男子にはない柔軟性を生かしたキレのあるストレートで勝負したい。低い重心から、できるだけ打者に近づいてボールをリリースする。ボールの回転数は意識しています」

 島野さんの5歳上の兄は大阪桐蔭に進学して甲子園出場を果たし、1歳上の兄もまた大阪の強豪・履正社に今春、入学した。兄の応援で行った甲子園は、球児なら誰もが憧れる場所。あの聖地に立ってみたい。その思いは当然、少女に芽生えたはずだ。

 しかし、現在の日本高等学校野球連盟の規約では、女子選手が高校男子の硬式野球部に入部することはできても、試合に出場することはできない。もし彼女が「甲子園を目指したい」と宣言すれば、大きく高野連を動かすことも可能ではないか──。突飛な提案ではあるが、それぐらいの逸材に思えてならなかった。島野さんに対し、率直にぶつけた。

「もちろん、甲子園に立ちたいと思ったことはあります。自分の力がどこまで通用するのかも試してみたい。だけど、女の子だし……。どうやっても甲子園に行けないということは、野球を始めた頃からわかっていたような気がします。それに、いつかは男子に追い越される。今でも、芯でとらえられたらボールが飛びますし。努力してもどうにもならない部分はある」

関連記事

トピックス