国内

セクハラの〇秒ルール、5秒凝視で認定

5秒の凝視でセクハラに

 車間距離、調理、人の気持ちなど、いくつかの場面で存在する「〇秒ルール」。“セクハラ界”の5秒ルールとは。

「誰かを5秒以上見つめてはいけない」という社内ルールを、アメリカの大手動画配信サービスのネットフリックス社が設けた、と報じられた。その理由は「セクハラを防止するため」だという。

 が、よく耳にする恋愛テクニックに「3秒見つめると相手が意識してくれる」というのもある。3秒と5秒、どんな違いがあるのだろうか。帝塚山大学心理学部教授の谷口淳一さんに聞いた。

「“見つめられている”と気づくと緊張感が生まれ、ドキドキして、相手が気になるスイッチが入る。これが“恋愛3秒ルール”の背景です。また、好意を示してくれた人には好意をお返ししたくなる“返報性”という心理も働きます」

 しかし、この方式が有効なのは、相手が恋愛対象としての可能性がある場合のみ。一転、セクハラになってしまうのは、ここにズレが生じるからだ。

「人とのコミュニケーションでは、親密さのレベルを一定に保とうという力が働きます。仲がいい人ほど距離が近づくし、視線も合う。

 逆に親密ではない人とたびたび目が合うと、距離をとったり視線をそらそうとします。しかし、上司と部下などの関係性によって、それができない場合もある。3秒であれば偶然や無意識の場合も多いですが、5秒以上になると、そうとは言い切れない。見つめていること自体に意味を持つ境界線が、5秒なのです」

 本誌・女性セブンの連載漫画『恋する母たち』(柴門ふみ作。1・2巻が発売中)では「15秒ルール」が話題になった。

 コジカビール宣伝部・課長、林優子(44才)の持論は「15秒あれば、どんな状況でも気持ちをまっさらにできる」。ポスターの試案があがってきたときも、「15秒後、あたしが“もういいよ”って言ったら、同時にパッと2枚見せて」と後輩に告げ、瞬時に判断する。それは、「重大な決断を下す時は、まっさらな気持ちの直感がいちばんだから」という理由からだ。

 この15秒ルールは、ドキドキするようなシーンにも使われた。後輩の赤坂剛(32才)からホテルに突然誘われ、狼狽する優子。動揺を見せまいと心の中で15秒数える。すると落ち着きを取り戻し、「平常心ではないから、ノーカウント」と上司の顔に戻ったのだ。

※女性セブン2018年8月2日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
3人息ぴったりの「お家芸」はお茶の間を沸かしてきた
上島竜兵さん追悼 老若男女問わず幅広く愛された“伝統芸”と人柄
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン