• TOP
  • コラム
  • 2歳から乗れる?ストライダーの使い方と注意点について

コラム

2018.07.24 20:00  たまGoo!

2歳から乗れる?ストライダーの使い方と注意点について

2歳から乗れる?ストライダーの使い方と注意点について


 
2歳を過ぎると、屋外での遊び方にも個性があふれてきます。特に乗り物が好きな子どもなら、三輪車や車の乗り物など気になるものがいっぱい!中でもストライダーは、現在注目を集めている人気の乗り物です。今回は、ストライダーの使い方をはじめ、利用する際の注意点についてご紹介します。

ストライダーってどんな乗り物?

一昔前までは、子どもが乗る乗り物といえば「自転車か三輪車」あたりを選ぶご家庭が多かったことでしょう。現在では「ストライダー」という、一見して自転車のような乗り物が大人気!ストライダーとはどんな乗り物なのか、見ていきましょう。

ペダルがないので足で地面をけって進む!

まずストライダーの大きな特徴が、「ペダルがない」ということ。そのため、子どもは自転車と同じようにストライダーにまたがるものの、自分の足で地面をけって進むことになります。この足の動きは、車などの乗り物に近い動作になりますね。
ストライダーは、2歳ころからでも楽しむことができるといわれています。そもそも2歳のころは、ペダルがあってもまだまだ自分でこげない子どもも多いです。ストライダーなら、三輪車や自転車のように、自分でこがなくては進めない乗り物とは異なり、自分の足を使って前進することができます。

見た目は自転車っぽいけどその軽さに驚き!

早く子どもが成長するのを期待して、早い段階から補助輪つきの自転車を購入するご家庭もあります。親子で練習しながら楽しむことができますが、万が一パパやママがすぐ近くにいない場合、自転車自体が重くて進めない場合もあります。
ストライダーの場合、総重量が約3キロととっても軽い!子ども自身が両手でハンドルを持ち、支えることができる重さなので、大人にとっても安心感がありますね。

ストライダーはブレーキなし!その理由

ストライダーにはブレーキがついていません。大丈夫?と思われるかもしれませんが、それには理由があります。そもそも幼児はブレーキを扱えるほどの握力がなく、ブレーキがあっても使えない場合が多いのです。
子どもが「止まりたい!」と思った時には足を使って本能的に止まろうとします。軽量に作られているので、子ども自身が扱いやすい乗り物ということですね。

ストライダーの使い方・乗り方とメリット

ストライダーの基本的な使い方・乗り方についてご紹介します。あわせて、機能面でのメリットについても見ていきましょう。

人気の理由

安心・安全な設計

2歳の子どもでも持ち上げられる軽さ

突起物がない安全な構造

ハンドルが360度回自由に回転

長く持ちこたえる耐久力

子どもの心と体を育む

雪道でもでこぼこ道でも安全に楽しく走れる

ストライダーを乗りこなすまで挑戦する楽しさ

転んだときのダメージが自転車と比べて少ない

子供用にカスタマイズできる

カラーパーツだけで23万通りの組み合わせが可能

誰ともかぶらない自分だけのストライダー

購入後のサポート

安心の2年保証

<基本のストライダーモデル>

製品名ストライダークラシックモデル
重量2.9kg
価格1万900円+税
カラー全4色 グリーン・レッド・ブルー・ピンク
対象年齢2~5歳
体重制限27kg迄

<高機能なスポーツモデル>

製品名ストライダースポーツモデル
重量3.0kg
価格1万3500円+税
カラー全7色
グリーン・レッド・ブルー・オレンジ・
ピンク・イエロー・ブラック
対象年齢2~5歳
体重制限27kg迄

ストライダーの基本的な使い方

基本的には、自転車と同じようにストライダーにまたがります。そして足を使って前進し、スピードが出てきたら両足を地面から離した状態で継続・安定して前進していきます。止まりたい時は、両足を地面につけて止まります。
曲がる時は、ハンドルを扱いながら体重を移動させることで行きたい方向へ曲がります。子どもの本能に従って、ストライダーを扱うことができます。

子どものバランス感覚が養われる!

ストライダーは三輪車や補助輪付自転車のように、止まった状態で足をつけずに自立できません。進むためには足でこぐ必要があり、必然的に自分でバランスを取ることになります。ストライダーに乗り慣れてくると、自然と自分のバランス感覚で乗りこなせるようになります。

ブレーキワイヤーがないのでハンドルが扱いやすい!

ストライダーはブレーキワイヤーがないので、ハンドルが360度自由自在に回転します!子どもがストライダーに乗っていて転倒した場合、ハンドルがロックすることがありません。転倒時にハンドルで子どもが胸や腕をぶつける衝撃も軽減してくれるのは、安心できる機能です。

子どもがストライダーを使う際に注意したいこと

ストライダーは子どもにとって軽くて乗りやすく、ついつい調子に乗ってしまうこともあるでしょう。しかし、使用上で注意しておきたいこともあります。ここでは二つにしぼってご紹介しましょう。

ストライダーは自立できない乗り物です

自転車や三輪車などは、それ自体が自立できるようになっていますが、ストライダーはできません。これはバランス感覚を養う面では非常にメリットがあるものの、普段の扱いでは苦労する一面も。特に収納時には、どこかに立てかけておかなくてはならないですし、突然倒れてくることもあるでしょうから、子どもがケガをしないように収納しておきたいです。

ヘルメットは必須アイテム!

自分で扱いやすく、自分の足で動きができるストライダーとはいえ、やはりヘルメットは必須アイテムです。子どもの頭の骨はまだまだ柔らかく、転んだ時に頭部を守ってあげなくてはいけません。ストライダーを購入する際には、ヘルメットも必ずセットで用意しておくといいでしょう。

おわりに

2歳のお誕生日にはストライダーを!とお考えのご家庭も多いのではないでしょうか?使い方をよく知ったうえで、子どもの成長具合に合わせたタイミングで購入を検討してみましょう。自転車の練習の前に、ストライダーで慣らすというのもいいですね。

関連記事

トピックス