• TOP
  • コラム
  • 大前研一氏が解説、中国経済に圧力をかけるトランプ大統領の間違い

コラム

2018.07.26 16:00  マネーポストWEB

大前研一氏が解説、中国経済に圧力をかけるトランプ大統領の間違い

米中貿易摩擦の構図を大前研一氏が解説


 米国と中国は現在、お互いに追加関税、制裁関税をかけあう経済戦争まっただ中にある。はたしてこの争いの行方はどうなるのか。米中貿易摩擦問題について、経営コンサルタントの大前研一氏が解説する。

 * * *
 米中間の貿易摩擦が日に日に熾烈さを増している。

 まずアメリカが中国産を含む鉄鋼に25%、アルミニウムに10%の追加関税をかけ、対する中国もアメリカ産の豚肉や果物など128品目に最大25%の関税を上乗せした。続いてアメリカは知的財産権侵害を理由に約500億ドル相当の中国製品1102品目に25%の制裁関税を課すと発表し、そのうち自動車や産業機械など818品目について7月6日に発動。

 中国も報復措置として約500億ドル相当のアメリカ製品659品目に25%の関税を上乗せすることを決め、そのうち自動車や大豆など545品目についてアメリカと同日に発動した。さらにアメリカは10%の追加関税を課す2000億ドル規模の中国製品6031品目のリストを公表し、中国企業の対米投資制限も検討。中国は「断固として反撃する」と表明した。

 まさに「目には目を、歯には歯を」で報復関税の応酬が続き、「貿易戦争」に発展しつつあるのだ。

 その背景には、アメリカの膨大な対中貿易赤字がある。米商務省が発表した2017年の貿易統計によると、モノの貿易赤字は7962億ドル(約86兆8000億円)で、その半分近い3752億ドル(約40兆9000億円)を中国が占めて過去最大になった。これに大きな不満を抱くトランプ大統領が中国に圧力をかけているわけで、アメリカ側はかつての日米貿易摩擦で“完勝”した歴史を米中貿易摩擦でも再現できると考えているのだろう。

 そもそも米中貿易摩擦は日米貿易摩擦とは全く質が異なり、類似点は何もない。当時の日本はソニー、トヨタ自動車、本田技研工業、音響・家電各社などが続々とアメリカ市場に進出し、自前のブランドを自分たちでアメリカの消費者に売り込んだ。しかし、いまアメリカでそんなことをやっている中国企業は見当たらない。

 要するに、アメリカの対中貿易赤字が約41兆円に上っているのは「アメリカが買う」からなのだ。たとえば、アップルはiPhoneなどを台湾の鴻海精密工業の中国生産子会社(フォックスコン)に生産を委託してアメリカに輸入している。仮にアップルがアメリカで生産しようとしても、人件費が高すぎるし、部品を調達することもできない。また、現在のアメリカは失業率が4%を切ってほぼ完全雇用だから、労働力も足りない。

 あるいはウォルマートをはじめとするアメリカの小売企業は、衣料品や家電製品、照明器具、家具など大半の商品を中国から輸入している。それは中国が売り込んだわけではなく、アメリカ企業が世界で最も安くて良いものを探した結果、そうなったのである。

 つまり、対中貿易赤字はアメリカの自主的行動の結果であって、中国の責任ではない。アメリカが中国から買うことをやめたり、中国製品に追加関税をかけたりしたら、物価が急騰するだけである。

 中国は、こうした現実をよく理解していない。報復し返す前に知恵を絞ってそういう構造的な問題を説明すべきなのに、大豆、豚肉、牛肉、鶏肉、自動車といったラストベルト(中西部から北東部の主要産業が衰退した地帯)の“トランプカントリー”の産品を狙い撃ちにして追加関税をかけている。このまま報復合戦がエスカレートすれば、ますます激しい貿易戦争になるだろう。

 だが、21世紀のボーダレス&サイバー経済では、19世紀のデヴィッド・リカードの時代の「比較優位・国際分業」は成り立たない。通関統計に出てこないボーダレス&サイバー経済で莫大な富を稼いでいるアップル、マイクロソフト、グーグル、アマゾン、フェイスブックといったアメリカ企業を通商交渉の俎上に載せなければフェアではないし、意味もないのである。

 トランプ大統領も、金融やサイバーなどの第三次産業で圧倒的に強い自国の現実を直視し、21世紀の経済を理解できれば、少しは頭が冷えるのではなかろうか。

※週刊ポスト2018年8月3日号

関連記事

トピックス