特集

最新特集記事のRSS

「男をアダ名で呼ぶ年下女」は人恋しくなっているのか?

2018.08.03 15:59

 女性からの“サイン”を見抜くのはなかなか難しい。例えば、「アダ名で呼んでくる年下女」はどうなのか?

 女性からの“サイン”を見抜くのはなかなか難しい。例えば、「アダ名で呼んでくる年下女」はどうなのか?

 居酒屋で会った年下の女の子からなれなれしい口調で話しかけられ、最初は「礼儀を知らないヤツだな」と思っていた男性・Aさん。だが、彼女のふるまいをよく見ていると、自分以外の男には「さん」付けなのに、自分だけアダ名で呼ばれていた。

「不思議と、嫌な気持ちじゃなかったんです。たまに色っぽい目線を送ってきている気もしましたが、年齢差もあったし、どうにも踏み切れなかった」(Aさん)

 実は、年下女性の接し方がなれなれしいほど、相手を“男”として意識しているという。20代看護師・茜さんが打ち明ける。

「明るく軽いカンジで話しかけるのは、相手の反応が良くなかったときに“冗談だよ~”と言い訳するため。女性が男性をアダ名で呼んだりするときなんて、距離を近づけたいとき以外にありません。

 私だったら、普段は『〇〇さん』って呼んでる人でも、仲良くなりたいときには思い切って『〇〇っち』って呼んでみたりします。こんなにわかりやすく“アピール”してるのに、どうして男性って気付いてくれないのかな……」

 いわれてみれば、「アダ名」で呼んでくる女性は、ちょっと寂しがり屋なところがあるのかもしれない。なかには寂しさから「人肌」を求めてしまう女性もいるようだ。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP