ライフ

『もしバナゲーム』は“人生の最期”をリアルに疑似体験可能

もしものための話し合いができる『もしバナゲーム』2000円(本体価格)/iACP

 ある日突然、病院から連絡が来て「親御さんが運ばれて助かる見込みは五分五分。人工呼吸器はどうしますか?」などと聞かれてパニック…という事態が今、現実に日本中で起きているという。亀田総合病院の在宅診療科部長・大川薫さんはこう語る。

「医療の進歩により救命できる可能性が広がる一方、無理な延命が苦しみになることもあります。高齢化が進む中、親が救急搬送され、働き盛りの子供が命にかかわる重大な選択を迫られる場面が増えています。

 できる治療は何でもやる、苦痛の少ない治療で様子を見る、痛みや苦しみを取る治療のみであとは自然にまかせるなど、どの選択肢も正解のあるような単純なものではありません。できれば事前に、もしもの時の治療や療養場所について、本人とある程度、話をしておけると助けになります」

 今後の医療について患者、家族、医療者が先に話し合っておくプロセスをアドバンスケアプランニング(ACP)という。本人の意思決定能力が低下することに備えるためだ。

「事前指示書を書くために話をするのではなくて、ご両親がどんなことを大切にしているのかという価値観や信念を共有することが大切です。もちろん状況に応じて気持ちも揺らぎ、変わることもあります。でも価値観や信念を共有しておけば、重篤な状態で意思表示できない場合でも“本人は、今こうしたいだろう”ということが家族や大切な人たちで分かち合えるのではないでしょうか」(大川さん)

 死が迫ったときの選択を日常の中で考えるのは意外に難しい。特に子世代にはできれば遠ざけたいことでもある。そんな意識の向きを自然に変えてくれるのが『もしバナゲーム』だ。

『もしバナゲーム』とは、アメリカの終末期医療の場で、患者と医療者のコミュニケーションツールとして開発されたカードゲームを日本語に翻訳し、レクリエーション要素のあるルールも加えたもの。

 設定は参加者全員、余命半年。年齢・性別、介護する人・される人などの立場も超えて、自分の最期を冷静に、またリアルに疑似体験できる。亀田総合病院疼痛緩和ケア科の医長・蔵本浩一さんはこう言う。

「終末期より、むしろまだ死を意識しない若い世代こそやってみてほしい。自分自身の“生き方”を見直すことにもなり、また親と上手に話し合うコツもつかめると思います」

 ゲームにより、自分と向き合うことになるという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン