• TOP
  • コラム
  • ギャンブル依存症対策、パチンコ「換金」できなくなったらどうする?

コラム

2018.08.08 15:00  マネーポストWEB

ギャンブル依存症対策、パチンコ「換金」できなくなったらどうする?

ギャンブル依存症対策でパチンコ・パチスロファンへの影響は?


 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案が7月20日に成立。国内で最大3箇所のIR設置が可能となる。

 日本国内でのカジノ解禁において注目されているのが、ギャンブル依存症対策だ。厚生労働省が昨年9月に公表した推計データによると、日本国内のギャンブル依存症の疑いがある人は約70万人。1か月にギャンブルに使う金額の平均は5.8万円で、このうち8割はパチンコ・パチスロに最も多くお金を使っていたという。ギャンブルに詳しい経済ジャーナリストはこう話す。

「カジノでのギャンブル依存症対策として、日本に住む人に関してはカジノの入場料を6000円とし、さらに28日間で10回までという入場回数制限を設けています。この対策で十分であるかどうかは未知ですが、それ以前にパチンコ・パチスロに対して依存症対策をすべきだという意見が多いのは事実です」

 パチンコ・パチスロ業界内では、ギャンブル依存症対策に関する様々な噂話も出回っているという。

「いわゆる“出玉規制”が入るのではないかという声は多いです。ここ数年でもパチンコ・パチスロの出玉はどんどん削られて、かつてに比べると大きく勝てる機種も減っていますが、その傾向が強まるのではないかとの予想が多い。現行機種なら1日に10万円くらい勝ったり負けたりすることもありますが、今後はたとえば“1日打ち続けてたとしても、勝っても負けても1万円以内”といったくらいの出玉性能になる可能性もあると思います」(同前)

 さらには、菅義偉官房長官がテレビ番組で市場規模23兆円のパチンコ産業について言及し「これに対しての(ギャンブル依存症)対応策をとっていきます。ギャンブル性のないような形にするとか」などと発言したことを受け、“換金”できなくなるのではないかとの噂まで広まった。

「現在、法律上ではパチンコ・パチスロの出玉を換金できません。しかし、特殊景品に交換して、それを別の店に買い取ってもらうという“三店方式”によって、換金が黙認されているのが実態です。この三店方式を完全に禁止するところまで行くかどうかはわかりませんが、ギャンブル依存症対策として、家族の反対などがあればパチンコ・パチスロでの換金をできなくするなどの措置は十分考えられます」(同前)

◆換金できなくなったら「カジノに行く」

 もしもパチンコ・パチスロで換金ができなくなったとしたら、現在のパチンコ・パチスロファンはどうするのだろうか。

 40代の男性会社員Aさんは、大学生の頃からのパチンコファン。現在は、主に休日を中心にパチンコを打っているという。もし換金できなくなった場合、どうするのか。

「パチンコそのものが好きだというのはもちろんですが、お金を賭けずに打ちたいかと言われれば、そうではないです。ゲームセンターに置いてあるパチンコ機などは、まったく打ちたいと思いませんからね。

 もし換金できなくなったら、パチンコ店には行かなくなると思います。でも、自分のなかでギャンブル欲がなくなるというわけでもないだろうから、とりあえずカジノには行ってみます。そこで、今までパチンコで味わえていたような楽しみを見つけることができたら、カジノにハマることはあり得ると思います」(Aさん)

 一方、20代の男性会社員Bさんはパチスロファン。換金ができなくなっても、パチスロは打ち続けたいと思っているという。

「私の場合、普段からスマホのパチスロシミュレーターをプレイしているということもあって、換金できるかどうかにかかわらず、パチスロを打ちたいという欲求がある。だから、換金できなくなってもパチスロは打つ気がします。ただ、換金できないなら、スマホゲームで十分だという気もするので、パチンコ店に行く頻度は低くなると思います」(Bさん)

 30代の主婦Cさんは、「景品が充実するのであれば、換金できなくてもパチンコを打つ」と話している。

「何万円も勝てるような機種がなくなって、頑張っても1万円くらいしか勝てなくなるというなら、もはやギャンブルではなく、ちょっとした遊び感覚になりそう。そしてそれなら、もはや景品に交換できれば満足できそうな気もします。でも問題は、今は景品のバリエーションが少ないということ。せめてコンビニくらいの品揃えになってくれればいいのですが、大した景品がないままなら、パチンコはやめると思います」(Cさん)

 換金できるか否かは、パチンコ・パチスロファンにとって重要な問題だといえそう。ギャンブル依存症対策で換金ができなくなるようなことがあれば、パチンコ・パチスロ業界は大きな打撃を受けることとなりそうだ。

関連記事

トピックス