ライフ

豆乳はスタバとともに日本人の食生活に完全に定着した

豆乳製造量は過去最高を更新中(写真:アフロ)

 健康的な飲料として認知されている豆乳の消費は右肩上がりで伸び続けているが、当然ながら紆余曲折もあった。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が解説する。

 * * *
 この数年、国内でも続々と新しい植物性ミルクが発売されているが、植物性ミルクの歴史は意外と浅い。日本人にとってなじみ深い植物性ミルクと言えば豆乳だが、1970年代までは豆乳のマーケットは存在しなかった。ところが1970年代終わりに「紀文」(現在、豆乳はキッコーマンに移管)が豆乳を発売したところから日本の豆乳市場は大きく動いていく。

 豆乳に明確に光が当たり始めたのは1982(昭和57)年頃から。翌年にかけて大ブームになった。もともと飲料としての出荷はほとんどなかったところにさまざまなメーカーが参入し、いきなり10万キロリットルの生産体制に。豆腐の素材に過ぎなかった豆乳が、単体としての飲料として大注目を浴びることになる。

 もっともこの頃は、まだ質や味の均一化は難しく、数年持たずにブームは沈静化した。その後十数年もの間、豆乳は冬の時代へと突入する。

 第2次ブームが起きたのは2000年頃から。当時百花繚乱状態だったテレビの健康番組などで豆乳が取り上げられ、メディア主導での「豆乳の健康情報」が増殖した。この頃には第一次ブーム時に伸び悩みの原因となった「大豆くささ」などの味の課題もほぼ解決済みで、年々需要が伸びていく。

 大ブレイクしたのは2003年。対前年比で約2割だった伸び率が一気に6割伸び、翌04年にかけても5割という驚異的な伸び率を示した。

 この火付け役として見逃せないのは、2002年12月、スターバックスコーヒーが豆乳入りコーヒーの扱いを本格化させたこと。もともと同チェーンでは1999年から都内の一部店舗で扱っていたが、2002年には一気に120店舗以上まで拡大。翌年、この動きは他のコーヒーチェーンにも拡大し、テレビ・雑誌などのメディアで「豆乳」「ソイ」という名称を見る機会が爆発的に増え、豆乳は日本人の食生活に完全に定着することになる。

 近年でも消費は引き続き伸び続けていて、2017年の豆乳製造量は前年比8.1%増と過去最高を更新し続けている。

 現在、黎明期の豆乳ブームを彷彿とさせる伸び盛りの植物性ミルクがアーモンドミルクだ。2000年代中期まではココナッツミルクと同様、デザートを中心にごく一部で使われてきたが、2013年に豆乳大手のマルサンアイがアメリカのアーモンドミルク大手と提携し、市場が一気に活性化。

関連記事

トピックス

帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
自身の入局当時と今の現場の違いを語る元日本テレビ・馬場典子アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#4】先輩から見た水卜麻美アナ、弘中綾香アナの評価
週刊ポスト
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
女性セブン
吉羽美華容疑者(ブログより)
詐欺逮捕の美しすぎる市議、主犯48歳男から渡されていた“40条の愛の誓約書” 「やきもちも表現する」「愛情を無垢に与える」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
平田徹氏
横浜元監督・平田徹氏が明かす「退任の無念」とPL学園元コーチとの“再出発”【前編】
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン