国際情報

中国でプーさん映画の上映認めず 習主席の尊厳が問題か

土産物のマグに描かれた習氏。どこか似ている?(EPA=時事)

 米娯楽大手ウォルト・ディズニー・ピクチャーズが制作した人気キャラクター、くまのプーさんの新作映画「プーと大人になった僕(邦題)」の中国での上映が、当局によって拒否されたことが世界各地で大きな話題になっている。大方の見方は「中国当局は明らかに過剰反応」(BBC)というものだが、米映画専門誌は「中国当局が年間の海外映画本数を34本に制限しているためだ」と分析している。

 台湾外交部(外務省に相当)は8月初旬、プーさんと同じくクマをモチーフにした台湾観光局のマスコット・キャラクターの「オーション」が「『いとこのプーさん』の最新作が検閲により中国で上映禁止になったことに落胆している」とツイッターに英語で投稿。続けて「台湾ではすべてのクマが平等に扱われている」と強調し、プーさんの新作映画が台湾全土で上映されていることを紹介した。

 しかし、これについて、米CNNが「台湾政府が北京を嘲笑した」と報道すると、台湾側は「誤解を避けるため削除する」として、翌日夜には慌ててツィートを削除した。

 BBC は中国でプーさん映画の上映が拒否されたことについて、「プーさんは反政府の象徴となった」と報道。英経済紙フィナンシャル・タイムズもツイッターに「このクマは、どんなに頑張っても、中国検閲ににらまれてしまう」とつぶやいて、プーさんと習氏のパロディ画像を投稿した。

 そもそもプーさんと習氏との比較は2013年、習主席が当時のバラク・オバマ米大統領と並んで歩く画像が、プーさんとティガー(作品に登場するトラ)と並び歩く画像と一緒に投稿されたのを皮切りに始まった。2014年には、習主席が日本の安倍晋三首相と握手する写真が、プーさんがイーヨー(作品に登場するロバ)と握手する写真とともに拡散。

 政治的リスクの分析を行う米ニュース専門サイト「グローバル・リスク・インサイツ」は2015年、パレード中に車の屋根を開いて姿を見せる習主席の写真と、プーさんが車に乗っているおもちゃの写真を並べた画像を「中国で最も検閲された写真」と報じて大きな話題を呼んだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

NHK桑子真帆アナの魅力とは(写真/ロケットパンチ)
NHK桑子真帆アナ、どの番組でも一貫する信念「わからないことは『わからない』と言う」
週刊ポスト
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
エリザベス女王(写真/GettyImages)
晩年のエリザベス女王「お元気ですか」の質問に笑顔で返したユーモア溢れる答え
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
渡辺達生氏が撮影した三遊亭円楽さんの寿影
逝去の三遊亭円楽さん、4年前に撮影していた「遺影」ならぬ「寿影」
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン