• TOP
  • コラム
  • 甲子園大会外野席が有料化、高校スポーツで金儲けしていいじゃないか

コラム

2018.08.25 16:00  マネーポストWEB

甲子園大会外野席が有料化、高校スポーツで金儲けしていいじゃないか

大阪桐蔭の優勝で幕を閉じた夏の甲子園(撮影:藤岡雅樹)


 大阪桐蔭の優勝で幕を閉じた第100回全国高校野球選手権記念大会は史上最高の観客動員数を記録しました。1990年の92万5000人を上回り、101万5000人を突破したのです。その一方、今回はこれまで無料だった外野席が有料になり、他の席も値上げしました。有料化&値上げしたのに最高動員数ということは、そもそもお金を取っておいても良かったのではないでしょうか。(文/中川淳一郎・編集者)

 決勝に進出した金足農業が3回戦の横浜戦で勝利した後に「勝ち過ぎちゃったんで滞在費足りなくなるかもしれません。カンパお願いします」とも解釈できるアナウンスをしました。吉田輝星投手の大活躍とあまりにも劇的過ぎる2連勝(横浜・近江)をしたこともあり、結果的に2億円以上集まりホッとしたものの、なんでこんな事態にならなくてはいけないのか?

 今回大会は雑踏事故防止のためにこれまで無料だった外野席を大人500円、子供100円にし、他の席も軒並み値上げしました。これらの措置は、入場を待つ客の混雑と開場の際のダッシュの危険性回避や、野球の更なる発展や遠方の客でもチケットを買えるようにすることが目的でした。こうしたニュースを見た方々の中には、以下のような感想を持った人もいるのではないでしょうか。

〈なんでこんなに素晴らしいエンタテインメントの観戦料がこれまで無料だったの? 運営の皆様方はなんと聖人君子的なのか……〉

 そうなんですよ。春と夏の甲子園大会は天下のNHKが朝から夕方まで放送をし続けるほどの人気コンテンツであり、テレビ朝日系列では『熱闘甲子園』を放送し、すべての新聞・スポーツ紙が報道するほどの価値を持っています。

 そこには、野球観戦の楽しさに加え、高校球児の溌剌とした姿や応援団の真摯な姿なども含め、超一流のエンタメ要素があるわけですね。こんなコンテンツをライブで観戦することに対し、映画の1800円に匹敵するぐらいの金額を払うことに対して人々が躊躇するとも思えないんですよ。しかも、朝一番目の試合観戦のために入れば第4戦まで通しで観戦することもできる。その間飲食をしたりはするものの、試合観戦に対する費用もこれまで外野席はタダだった。NHKに対する放映権料も無料だそうですし、どんだけ太っ腹なのでしょうか! というか、放映権料取ってくださいよ、普通に。リオ五輪は360億円、東京五輪は660億円ですって。

 その一方、阪神電鉄が所有する甲子園球場の使用料も無料だそうですが、元々は阪神電鉄を使ってもらえればいい、という考え方が大会開始当時はあったそうで、その流れが続いているようです。要するに阪神電鉄の「男気」ってやつです。また、大会にかかわる多くの人も無給のボランティアだそうです。

◆多くの人々かかわりたいコンテンツは有料であるべき

 また、高校野球には教育の側面があるためそんなに商業主義に走ってはいけない、という考えもあるでしょう。あぁ……、「教育」が入った途端にカネを徴収するのが「薄汚い」と考えるこの考え、なんとかなりませんかね? 全国大会出場の栄誉を勝ち得た高校に対しては主催者が規定の交通費と宿泊費を負担しますが、スタジアムの“華”たる応援団の旅費はもちろん自腹。結局OBや地元のカンパに頼らざるを得ないため、今回の金足農の緊急声明発表というような事態につながってしまうのです。甲子園出場が決まった学校は頭を下げてOBや地元企業や商店街から寄付を受け、大応援団を派遣する。

 せっかく甲子園出場が決まって嬉しいというのに、「できれば応援団は宿泊がないように1回戦で負けてほしい……」と泣く泣く考える関係者もいるかもしれません。それくらいの負担を関係者はしているのに、観客は無料だったって一体なんなんだ?

 いくら高校生の大会とはいえ、全国を代表するほどの実績を作り、各都道府県を挙げて応援団を派遣するその高校に対しては入場料収入を分配することにより、大会をより盛り上げるという発想を持っていても良いのではないでしょうか。甲子園の外野席は1万9043席なので、平均400円とした場合は満席で約760万円になりますが、せめてこの分でも2つの高校にあげられないものですかね。もちろん外野が好き放題言っているだけで関係者からは「そんなに簡単なことじゃねーんだよ!」の声が聞こえてきそうですが、甲子園に出場した高校の関係者が金策に駆け回ることが極力少なくあってほしいのです。

「多くの人々かかわりたいコンテンツは有料であるべき」

 多分、この考えには多くの人が賛同することでしょう。「今までタダだったのに有料化するなんて許せん!」と考える人もいるでしょうが、「今までタダだったのがおかしい」でいいじゃないですか。高校スポーツでカネを取ったら汚れた話になる、ってことですか? それこそスポーツを衰退させる。

 だって、卓球の張本智和選手は14歳の頃だって世界レベルの大会に出て賞金を手にしているわけです。卓越した能力を持つ人の本気の勝負を見るにはちゃんとカネを払うのが当たり前、という風潮を今回の甲子園大会を機に作りましょうよ。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス