• TOP
  • ビジネス
  • 山梨の女性ワイン醸造家が語る「私を導いた日本固有の葡萄」

ビジネス

2018.08.29 07:00  週刊ポスト

山梨の女性ワイン醸造家が語る「私を導いた日本固有の葡萄」

「中央葡萄酒」の三澤彩奈さん

 フルーツの産地として有名な山梨県甲州市。葡萄畑や桃畑が広がるこの地で、ワインを造るのは「中央葡萄酒」の三澤彩奈さんだ。なぜ、この道に入ったのか──。

 * * *
 日本最大のワインの産地である勝沼町と、日照時間が日本一長い北杜市明野町の自社畑で栽培したブドウでワインを造っています。

 この区画の品種はメルロ。標高が高く冷涼な明野ならではの爽やかさがあって、鰻や和牛など日本食と相性がいい。4代目の父はよく「風景の見えるワイン」と言いますが、水などを使わずブドウだけで醸すワインだからこそ、素材の自然な持ち味を忠実に表現することを心がけています。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス