• TOP
  • 芸能
  • 「NEWS ZERO」記者がセクハラ疑惑降板、被害女性は複数か

芸能

2018.09.06 07:00  女性セブン

「NEWS ZERO」記者がセクハラ疑惑降板、被害女性は複数か

被害女性は複数か(『日テレNEWS24』より)

 新天地でのスタートダッシュを期す彼女は、現在、筋トレや食事制限に励み、心身ともに準備を整えている。ところが、その彼女を支えるべき“相方”がいまだ決まっていない。その理由を探ってみると、とんでもないスキャンダルが浮上してきた。

「出鼻をくじかれる」とは、まさにこのことだ。報道番組『NEWS ZERO』(日本テレビ系)がこの10月から完全リニューアル。元NHKの有働由美子アナ(49才)を中心とした新キャスター陣のお披露目会見が、多くの報道陣を集めて9月4日に行われた。

 まさにその当日、有働アナの“女房役”を務めるはずだった男性サブキャスターの「社内セクハラ疑惑」が報じられたのだ。

「知らされた有働さんは絶句したそうです。旧キャスター陣は櫻井翔さん(36才)だけがそのまま継続して出演し、他のメンバーは総入れ替え。中でも男性サブキャスターは、“目玉”でしたからね。男性キャスターに内定していたのは、日テレ報道局政治部のエースだった青山和弘さん(50才)です。すでに有働さんとも顔合わせ済みで、リニューアル後の方針についての打ち合わせも進んでいた。ところが、9月1日付で、突然、報道局から経営系の部課へと転属してしまった。完全な“左遷”人事です」(日テレ関係者)

◆“親安倍派”の政治部エース記者

 新キャスター陣もスタッフも、リニューアルを意気軒昂にアピールするはずだったのだが、一転、会見はピリピリムードに。冒頭、「今回の番組リニューアルについての発表以外の質問には、お答えしない」という旨のアナウンスがあった。

 リニューアル後の番組のセールスポイントは有働アナの「ホンネ感」だそうだが、さっそくホンネは“封印”。

「本来なら、メインキャスターの有働さんをサポートする男性サブキャスターも発表するべきでした。しかし、青山さんの突然の左遷で、後任が決まりきらなかったそうです。共演者について有働さんは“櫻井さんのことは信頼している”とだけ語っていました」(前出・日テレ関係者)

 青山氏は東京大学文学部卒業後、1992年に日本テレビに入局。政治部で頭角を現し、政界関係者へのルートも多い。

「安倍晋三首相からの信頼も厚いと評判です。安倍官邸には独自のルートもあり、政権寄りのニュース解説をする“親安倍派”ともいわれていました。ワイドショーやバラエティー番組にも出演、難しい政治の話をわかりやすく解説してくれると女性ファンも多い。“第2の池上彰さんになれる”といわれるほどです」(別の日テレ関係者)

 青山氏は日テレ局員と結婚後、離婚。2011年に別の日テレ局員と再婚し、現在2児の父で、子煩悩でも知られる。なぜ鳴り物入りの男性キャスターが突然異動になったのか──。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス