芸能

ドラマで編集長役、伊勢谷友介に「イケメンを持て余す男」評

このイケメンを持て余し気味…

 いよいよ佳境に突入している今クールのドラマ。話題を呼ぶ作品のなかで、その演技で、異彩を放っているのが、『サバイバル・ウェディング』(日本テレビ系)に出演している伊勢谷友介(42才)だ。個性的な編集長を演じている伊勢谷の俳優としての方向性についてコラムニストのペリー荻野さんが考察する。

 * * *
 ドラマ『サバイバル・ウェディング』を見ていて感じるのは、伊勢谷友介は「イケメンを持て余している」ということだ。

 このドラマで伊勢谷が演じているのは、人気ファッション雑誌の名物編集長宇佐美。彼は常に企画の隅々にまで目を光らせ、売り上げをV字復活させた実績は高く評価され、編集部員からも「ボス」と信頼されている。

 その宇佐美は、恋人に逃げられ寿退社できなくなったヒロインさやか(波瑠)に「半年以内に結婚できなかったらクビ」という条件で婚活コラム執筆を命じる。短期間で結婚など無理と涙目のさやかに、宇佐美は「女としての価値なんて売り方次第でいくらでも上がる」「オレの言う通りやればカンタンだ」などと言いたい放題。オレ様恋愛指南を続けるのである。

 毒舌男に振り回されるヒロインのラブコメでは、深田恭子×ディーン・フジオカのドラマ『ダメな私に恋してください』や小松菜奈×中島健人の映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』など人気作が多いが、『サバイバル・ウェディング』の伊勢谷の存在感は、かなり独特。

 おかっぱ頭に丸い色眼鏡。常にパリパリにキメた派手なスーツが定番で、スポーツジムで走るときだって、紺地に赤いハイブランドモノグラムがプリントされたジャージ上下姿で目立ちまくる。しかし、パーティーでグラス一杯飲んでひっくり返るほど酒に弱く、スポーツカーを乗り回す…かと思ったら、運転はど下手。あちこちで変なオーラを醸し出す。
 
 伊勢谷はドラマ『監獄のお姫さま』でも、監獄で一致団結した女たち(小泉今日子や森下愛子ら)に悪事を暴き立てられるやり手社長板橋吾郎役で変なオーラを出していた。『サバイバル・ウェディング』ホームページで本人は、やなヤツ路線で頑張っていきたいと語っているが、今や変なオーラ路線をまい進中と言った感じだ。その理由は、やっぱり伊勢谷友介自身が「イケメンを持て余している」からだと思う。

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン