コラム

最新コラム記事のRSS

60歳までの資産運用 iDeCo、つみたてNISAの期間限定メリット活用を

2018.09.14 07:00

 人生100年時代だからこそ、リタイアしてからも稼いで資産を殖やしていかなければならない。そこで大切

 人生100年時代だからこそ、リタイアしてからも稼いで資産を殖やしていかなければならない。そこで大切なのは「何を選ぶか」ではない。その投資を「いつ始めて」「いつ終えるか」の判断が、人生設計を左右する。

“現役世代の晩年”にあたる50代。子供が独立を迎え、給与などの定期収入も見込める。定年後の資金を蓄えるために、金融商品にまとまった額を投じられるラストチャンスになる。

「ただし、投資経験の乏しい人が定年間近になって『老後に備えよう』と大きな額を一括投資するのは非常に危険です。初心者が一括投資で買いのタイミングを見極めるのは簡単ではなく、リスクの高い金融商品を購入してしまう怖れがあります」(ファイナンシャルプランナーの深野康彦氏)

 そうしたアドバイスを踏まえて検討したいのが「iDeCo(個人型確定拠出年金)」。加入者が60歳になるまで、毎月一定額を自ら選んだ投資信託(投信)に拠出する制度である。利点は節税効果にある。

「積立金額が所得控除されるうえ、運用益も非課税です。現役時代のなるべく早い時期に加入すれば、老後の資産形成をしながら所得税や住民税を減らせます」(社会保険労務士の稲毛由佳氏)

 たとえば課税所得500万円の人が毎月2万3000円を積み立てた場合、所得税と住民税が年間8万2800円軽減される。50歳で加入すれば、60歳まで実に82万円の節税になる。

「元本保証ではない投信には目減りするリスクがあるものの、節税額を考えればメリットが上回るでしょう」(同前)

 サラリーマンには「企業型確定拠出年金」という選択肢もある。

「企業年金のひとつで、会社員が毎月積み立てた資金を退職時まで自分で投信などで運用し、老後に年金や一時金として受け取ります。自分で掛け金を追加できる『マッチング拠出』の制度を勤務先が採用しているなら、活用したほうがいい。iDeCoと同様、積立金が全額所得控除されるので節税メリットが大きい」(ファイナンシャルプランナーの森田悦子氏)

 ただし、これらの加入は60歳未満に限られる(iDeCoは65歳までの延長が検討されているが、変更時期は未定)。

◆老後資金運用で手を出してはいけない投資も

 60歳以降も継続して節税メリットを得られるのが「つみたてNISA(積立型の少額投資非課税制度)」で、年間40万円までの非課税枠を使って、最長20年間にわたる積立投資ができる。

「金融庁が認める一定の投資信託やETF(上場投資信託)が対象商品なので、投資初心者が始めても安全性の高い運用ができ、運用で得た利益が全額非課税になるという利点もある。中長期的に資産運用ができるメリットがあります」(前出・深野氏)

 つみたてNISAの上限を超えて投資したい場合は、年間120万円までの非課税枠を使って、運用益の非課税期間が5年間の「NISA」(少額投資非課税制度)を選択する手もある。

「個別株やJ-REIT(不動産投資信託)など上場しているリスクが高い商品も対象となり、『つみたてNISA』との併用ができないのが特徴です。非課税期間が5年間なので、運用資金に余裕がある期間を見定めて活用したいところです」(前出・森田氏)

 逆に手を出してはいけない投資もある。ここまで専門家が挙げたのは、いずれも商品の値動きにかかわらず、節税メリットを確実に得る投資術だ。

「老後資金運用の原則は安心感とリスク管理にあります。“大儲けできる”と喧伝されるFX(外国為替証拠金取引)や先物取引、ビットコインなどの仮想通貨はプロでも運用が難しく、老後マネーの運用先としては適さないので避けるべきでしょう」(ファイナンシャルプランナーの鴇巣雅一氏)

※週刊ポスト2018年9月21・28日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP