コラム

最新コラム記事のRSS

【医師監修】低置胎盤の診断基準・症状・原因・治療・入院の必要性

2018.09.14 20:00

監修医師プロフィール:清水なほみ 先生 2001年広島大学医学部医学科卒業、広島大学附属病院産婦人科

監修医師プロフィール:清水なほみ 先生

2001年広島大学医学部医学科卒業、広島大学附属病院産婦人科・中国がんセンター産婦人科・ウィミンズウェルネス銀座クリニック・虎の門病院産婦人科を経て、2010年9月「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開業。

日本産科婦人科学会専門医、日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー。女性医療ネットワーク発起人・NPO法人ティーンズサポート理事長。

日本産婦人科学会専門医で、現在はポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長。病院に行きづらいという患者さんの悩みを、現役医師の知識を活かしてサポートします。
http://www.vivalita.com/staff.html

前置胎盤(ぜんちたいばん)と似た病態に「低置胎盤(ていちたいばん)」というものがあります。前置胎盤も低置胎盤も、通常より胎盤が低い位置に形成されてしまう症状です。どちらも類似していますが、症状は少し異なります。今回は前置胎盤によく似た低置胎盤をピックアップして解説していきます。

低置胎盤とは?

低置胎盤は胎盤が子宮の底の方にできてしまう症状です。前置胎盤と間違われることもありますが、子宮口を覆っているだけで完全にふさいでいないことが特徴です。低置胎盤は子宮口から胎盤の距離が2㎝以内とされています。完全に子宮口を覆っているわけではないため、大量出血のリスクは比較的低いとされていますが注意する必要があります。
妊娠初期から中期にかけて胎盤が下の方に位置していても、妊娠後期までに正常な場所に移動することがほとんどだとされています。そのため、低置胎盤の確定診断は妊娠31週目までは行われません。妊娠30週以前に診断されても出産時まで低置胎盤が治っていない確率は全体の5%と言われています。

低置胎盤の診断基準は?

低置胎盤は定期健診の際に診断を下されます。方法は超音波検査です。早い場合には妊娠24週に低置胎盤と判断されます。出産時までに自然と治ることがほとんどと言われていますが、治らなかった場合には帝王切開での出産になります。

低置胎盤の症状は?

1.出産時の大量出血

低置胎盤の場合、赤ちゃんの出口を胎盤が少しふさいでしまっているために通常の出産よりも1.5倍出血が多いとされています。妊娠中も少しの刺激で出血してしまうため、おなかが張っていると感じたときには安静にしましょう。低置胎盤の場合、痛みのない出血が続くこともあります。少しの出血でも早産や流産の危険性があるため、出血が見られた場合にはすぐ医師に相談しましょう。

2.出産が長時間にわたる可能性

前述のように、低置胎盤は胎盤が下の方にあり、子宮口を軽くふさいでしまっている状態です。そのため赤ちゃんが出てくるときの妨げになり、出てくるまでに時間がかかることがあります。出血量も増え、赤ちゃんも長時間産道にとどまることになるため母子ともに危険な状態が続きます。母体は血液不足、赤ちゃんは酸素不足になるため、通常の分娩(ぶんべん)から帝王切開へと移行することもあります。

妊娠36~37週の時点で低置胎盤が確定している場合、帝王切開の方法を視野に入れることが多くなるとされています。胎盤の端から内子宮口までの距離が0~2㎝だと7割以上の確率で帝王切開の方法が取られます。1~4㎝の場合は帝王切開も候補として残しておき、通常分娩(ぶんべん)を優先します。帝王切開を予定していた場合でも、予定日より早く大量出血が発生してしまうと緊急帝王切開になります。母子ともに危険な状態と判断した場合には、母親を優先して子宮摘出手術を行う場合もあります。

3.前置血管になることも

前置血管とはへその緒が子宮口の卵膜とくっついてしまっている状態のことです。低置胎盤の妊婦は前置血管を引き起こしやすいと言われています。前置血管を発症するときちんと保護されていない血管が子宮口付近にある状態のため、破水や子宮収縮の刺激によって血管が破れて大量出血してしまいます。これが発生してしまうと赤ちゃんに最悪の事態が起こりかねないため事前の確認が必要です。

低置胎盤になる原因は?

低置胎盤になる明確な原因は今のところ発見されていません。子宮内膜に傷がついていることが原因と考えられているため経産婦は低置胎盤になる確率が高いとされています。その他は以下の事柄が低置胎盤のリスクにつながっていると考えられています。

高齢出産

双子を妊娠しているなどの多胎妊娠

帝王切開を経験している経産婦

子宮筋腫などの手術歴がある

堕胎経験がある

喫煙している

2~5は特に子宮内膜が傷ついている可能性が高いため、低置胎盤になりやすいとされています。喫煙に関しては低置胎盤以外のリスクも引き起こすため、妊娠を希望したら絶対にやめましょう。

低置胎盤の治療法は?

低置胎盤の確実な治療法はありません。妊娠初期の場合は胎盤の位置も変化するため、気にしすぎないことが一番の治療法と言えるでしょう。妊娠31週目を過ぎ、低置胎盤が確定してもまずは焦らないことが大切です。出血が見られたら医師に相談し、安静にして落ち着いた行動をしましょう。また、おなかが張っているときは横になって張りを抑えましょう。子宮収縮が行われているために出血してしまう可能性があるからです。自宅で安静にできない状況であれば入院という方法も視野に入れておきましょう。

低置胎盤の入院の必要性は?

低置胎盤で妊娠中に出血が見られた場合には緊急入院を要求されることがあります。入院中は出血の量を抑えるため、子宮収縮抑制剤や止血剤が投与されます。出血が治まってきたら、赤ちゃんが外に出られるような身体になるまで成長を待ち、分娩(ぶんべん)までサポートしてくれます。ただし、場合によってはいきなり帝王切開が行われることがあるので心構えをしておきましょう。

おわりに

低置胎盤になる妊婦さんは全体の0.7%と言われており、数値的には非常に低い確率となっています。妊娠後期までどのような結果になるかはわからないため、必要以上に心配してストレスをためることはやめましょう。もし確定診断が下ったとしても慌てずに落ち着いていれば、元気な赤ちゃんと会うことができます。無理せずに安静第一で過ごしてくださいね。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP