芸能

ZOZO前澤社長の月旅行、費用は1人100億円か 剛力の参加は?

「月旅行」は剛力も一緒?(写真:ロイター/アフロ)

 今年の「中秋の名月」は9月24日。お団子とすすきを用意して、十五夜のお月さまに浮かぶ“うさぎの餅つき”を見上げながら、こんなことを思い浮かべることだろう。

「そうか、剛力彩芽(26才)はあそこに行くんだなァ」

 本誌・女性セブンが剛力の初めての恋をスクープする、ほんの4か月前まで、彼女は“普通の人気女優”だったわけだが、今ではまるで“おとぎ話のお姫さま”だ。

 9月18日午前10時、衝撃的なニュースが世界中を駆け巡った。ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」の運営会社で、株式時価総額1兆円ともいわれる「スタートトゥデイ」創業社長の前澤友作氏(42才)が、「月旅行」の“チケット”を購入したという。

「前澤氏に世界初の民間人宇宙旅行の機会を提供するのは、アメリカの宇宙ベンチャー企業『SpaceX』です。起業家のイーロン・マスク氏が2002年に立ち上げた民間の会社で、自前のロケットを飛ばして国際宇宙ステーションへの物資を運ぶなど、宇宙での活動には実績があり、今回の宇宙旅行も夢物語どころか、かなり現実味があります」(大手紙科学部記者)

 SpaceX社は、「人類の火星移住」という壮大な計画をぶち上げている。その際に使用されるというのが、同社が開発中の大型ロケット「ビッグ・ファルコン・ロケット(BFR)」。SpaceX社は昨年、そのBFRに一般の旅行客を乗せ、1週間かけて月をグルッと回って地球に戻ってくる宇宙旅行計画を発表していた。

「前澤氏の月旅行は、2023年に決行予定です。前澤氏は私財を使って“6~8人のアーティストを一緒に連れて行く”と発表しました。宇宙から地球や月を眺めることで、何らかの芸術的なインスピレーションが得られるのではないかと考えているそうです」(前出・記者)

 芸術への造詣が深く、美術品資産は500億円にのぼるという前澤氏らしいプロジェクトだ。

「同乗メンバーリストはいまのところ、まったくの白紙だそうです。これから選考を始める段階。しかし、発表直後から世界中のアーティストから“乗せてほしい”というアプローチが殺到しているようです」(前出・記者)

 気になるのは、「宇宙旅行チケット」のお値段だ。

 地球から月までの距離(38万4400km)は、東京~京都間の距離(約450km)のおよそ850倍。東京~京都間の新幹線代が1万3000円ほどなので、単純計算すると月までは1100万円ぐらい?

「とんでもありません。前澤氏と同乗メンバーを合わせて、費用は700億~1000億円かかると言われています。チケット1枚あたり、100億円というところでしょう。SpaceX社としては、宇宙旅行のチケット販売を商業化して収益を上げ、さらなる開発事業の資金にする考えのようです」(前出・記者)

 今回、前澤氏は宇宙旅行の契約を発表するにあたり、自家用ジェットで渡米し、SpaceX社との契約報告の記者会見に出席した。

「剛力さんも前澤さんと一緒にアメリカに行ったようですよ。プライベートジェットでの出張や旅行には、剛力さんもよく同行するようです。剛力さんも女優。前澤さんのパートナーとしてだけでなく、アーティストとして、月旅行に出かける可能性も高いでしょう」(芸能関係者)

 ロケットが飛び立つまであと5年。前澤氏は「結婚はない」と明言しているが、それまで交際が順調であればいいのだけれど──

※女性セブン2018年10月4日号

関連記事

トピックス

青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
「沖縄には、今なお様々な課題が残されています」と、陛下は沖縄の今後についても言及された(宮内庁提供)
沖縄本土復帰50周年 昭和、平成、令和と皇室で受け継がれる沖縄への祈り
女性セブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
新井恵理那
BTSと新井恵理那も気を配る「芸能人とメンタルヘルス」シビアな現実
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
4年近くにわたって“立法も質問主意書もゼロ”だった人たちは?(時事通信フォト)
4年間の活動で“立法も質問主意書もゼロ”国会議員たちの「言い分」
週刊ポスト
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン