ライフ

年間100億円売れる「入れ歯安定剤」 長期間常用で悪循環も

入れ歯安定剤はよく売れているが…(撮影/岩澤倫彦)

 年間100億円も売れているという「入れ歯安定剤」。少し緩い入れ歯でも、「安定剤」を使えば、ぴったりフィットする。食物が挟まらない、外れない。ただし、デメリットも存在する。

「安定剤」を長期間常用すると、歯槽骨の吸収が促進され、歯肉だけが残った柔らかい土手(顎堤)になってしまう場合があるのだ。こうなると、噛み合わせが狂い、入れ歯を作り直しては合わなくなる、という悪循環に陥る。

「安定剤」の添付文書にも、“長期連用しないでください”と明記されているが、知らずに使っている人が多いのではないか。

 岩手医科大の研究では、「安定剤」に細菌が付着して増殖することも確認されている。入れ歯治療の第一人者・深水皓三氏(銀座深水歯科・院長)はこう指摘する。

「しっかり設計された入れ歯なら、安定剤は全く必要ありません。それなのに、安定剤がこれだけ売れているのは、歯医者の腕が未熟な入れ歯が多いということでしょう」

●取材・文/岩澤倫彦(ジャーナリスト・『やってはいけない歯科治療』著者)

※週刊ポスト2018年10月5日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
「とにかく便利」という「テスラ」
愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」
週刊ポスト
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン