国際情報

空き巣がバナナ盗み食いで足がつき逮捕された

欲張ったのが運の尽き

「バナナも盗まれたんだ」──。中国上海郊外の村落で、計1万元(約17万円)相当の物品や現金が盗まれる空き巣が発生。捜査に当たった警察は犯人の指紋などの決定的な証拠がなく、「犯人確保は難しい」とあきらめムードが漂っていたが、住民が発した一言が捜査の局面を変えた。

 空き巣に入られた住民の1人は何気なく「テーブルに置いてあったバナナがなくなっていた」などと語ったのだ。

 この村には監視カメラが少なく、空き巣に入られた家の周辺にも監視カメラがなく、犯人を特定しようと思っても、映像に残っている現場周辺で人々の大半はこの村の住民だった。他にはたまたま村を通り過ぎた人とみられるため、決定的な証拠にならなかった。

 警察の捜査担当幹部は「空き巣犯の場合、よほど変わった手口でないと犯人逮捕にはいたらない。今回のケースは、監視カメラの映像も少ないので、帰結は難しいかもしれない」などとため息交じりに愚痴をこぼしていたところ、被害者の1人が「実は奇妙なことに、テーブルに置いてあったバナナが消えていたんだ。バナナも盗まれたんだ」とつぶやくように述べた。

 この言葉を聞いた捜査員の1人は「そういえば、監視カメラの映像で、電動自転車に乗っていた男が路上でバナナを食べていたのがあったな」と思い出した。

関連キーワード

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン