コラム

最新コラム記事のRSS

みんな通信費をどうやって抑えてる? 年賀状をやめた人も

2018.10.11 15:00

 来年10月には消費税が8%から10%に引き上げられる可能性が極めて高く、今から家計の全体的な節約を

 来年10月には消費税が8%から10%に引き上げられる可能性が極めて高く、今から家計の全体的な節約を心がけたいところ。家計の中でも多くを占めるようになった通信費は、ライフスタイルに合わせて格安スマホやガラケーに乗り換えて、安く抑える人が増加中。実際にどのように節約しているのか? 女性セブン読者へのアンケート結果から、通信費の削減ワザを厳選してお届けしよう。

●「今年から年賀状を書くのをやめた。お正月は“あけおめ”メールを一斉送信。海外の友達にクリスマスカードを送るのも今はフェイスブックで代用している」(神奈川・38才・パート)

●「ネットのプロバイダーと電話回線を統合したら、月1500円ほど安くなった」(静岡・44才・会社員)

●「夫婦で機種変更に行き、夫はスマホ、私はガラケーに。基本料金が安いので、電話とメールだけなら私はガラケーで充分。夫の機種変更の際にタブレットを無料でもらえて、通信料がかなり安くなった」(千葉・44才・専業主婦)

●「家族でファミリー割引に入っている。家族間の通話は安い」(千葉・44才・会社員)

●「スマホでの通話は極力、LINEなどのアプリを使って無料に。テレビ電話にもなるので、孫の顔を見られるとばあばも大喜び」(東京・50才・パート)

●「格安SIMを使用したら、スマホ4台の通信費が1万2000円くらいですんでいます」(愛知・54才・公務員)

●「『楽天モバイル』の格安スマホに変更。『楽天』で買い物をした時に貯まったポイントを使えるので、月々の料金がかなり安くなりました」(鹿児島・43才・その他)

●「家族全員、『ソフトバンク』から『Yモバイル』に変えたら、すごく安くてびっくり!」(愛知・46才・専門職)

●「公衆Wi-Fiをできるだけ使うようにして、月額プランを安いものに変更した」(神奈川・35才・会社員)

●「家族でガラケーを使用。3台で月6000円くらい」(福岡・38才・会社員)

●「スマホは持たず、時刻表や地図は家のパソコンで印刷する」(東京・53才・専業主婦)

●「固定電話は着信のみ。話す時は携帯の無料通話を使う」(北海道・50才・その他)

●「他人に電話をかける時は相手が出る前に切って、申し訳ないが掛け直してもらう」(愛知・53才・自営業)

※女性セブン2018年10月18日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP