ビジネス

「着たら洗う」で洗濯物増加傾向 大容量洗濯機も家庭に

12kgの大容量タイプ『ビッグドラム BD-NV120C』29万8981円/日立(編集部調べ実勢価格)

 家事の負担を減らして、時間を作り出す「時産家電」として進化をする昨今の白物家電だが、いったいどうやって選べばいいのだろうか。ここでは洗濯機の選び方をレクチャーする。

 洗濯機は、全自動洗濯機と洗濯乾燥機に分かれる。前者は乾燥機能のないタテ型洗濯機に、後者はドラム式洗濯機に多い。家電コーディネーターの戸井田園子さんはこう話す。

「汚れを落とす洗いを重視して天日干し・室内干しで乾かす人ならタテ型を、毎日の洗濯物は乾かすところまですませたい人なら、ドラム式を選ぶのがいいでしょう」

 ドラム式で乾燥まで行うと、電気代がタテ型の倍近くになることもあるが、干す時間と手間が省ける点は見逃せない。食べこぼしや皮脂汚れなどの頑固な汚れをしっかり落としたい人は、汚れ落ちが優れるタテ型を選ぶとよい。

◆「汚れたら洗う」から「着たら洗う」時代へ

 通常、洗濯機のサイズを決める場合は、1日1人分の洗濯物の量を1.7kgと想定し、これに家族の人数を掛け算する。つまり、4人家族なら7kg、2人家族なら4kgのサイズを選ぶのが目安になる。

「ところが、最近は洗濯の価値観が、“汚れたら洗う”から、“着たら洗う”に変わってきており、世帯当たりの人数が減っているにもかかわらず、洗濯物の量は増加。洗濯機は10~12kgといった従来なかった大型タイプが登場しています」(戸井田さん)

 大容量でまとめ洗いしたい共働きや多忙な1人世帯にも購入者が多い。

 また、従来に比べ間口も広くなり、洗濯物の出し入れがしやすく、毛布など大ものも洗いやすくなっている。

「大型でも、インバーターのモーター直型の洗濯機を選べば、運転音が静かで夜間の洗濯にも問題なし」(ビックカメラ・照井友貴子さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
,松本潤
Snow Manラウールのパリ・ランウェイ&インスタへの胸騒ぎ 第一の目的は「グループのレベルアップ」か
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
大塩さんの自宅から離れたところに規制線が
「『ルフィ』強盗団が恐い」狛江市強盗殺人事件の近隣住民からあがる悲痛の声
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
佐々木容疑者が68歳男性と住んでいたマンション
68歳彼氏を刺した24歳女子大生 彼氏は警察に4回も相談、同棲アパートでは「女性の悲鳴」
NEWSポストセブン