• TOP
  • 国際情報
  • 親日を巡る旅、ロシアを破った日本にフィンランド人は熱狂した

国際情報

2018.10.17 07:00  SAPIO

親日を巡る旅、ロシアを破った日本にフィンランド人は熱狂した

フィンランドの英雄、マンネルヘイム将軍の銅像

 高福祉と美しい自然で知られ、理想の国としてあげられることの多いフィンランド。 日本と同様、いやそれ以上にロシア・ソ連の脅威にさらされてきたこの国は、かつて共にその 領土的野心と対峙した“盟友”だ。世界の親日を巡る旅を続けるジャーナリストの井上和彦氏が、レポートする。

 * * *
 フィンランドといえば、ムーミン、サウナ、サンタクロースなどを思い浮かべる人も多いだろう。

 そんなフィンランドが世界有数の親日国家であり、その源流は日露戦争(1904-1905年)にあることをご存じだろうか。

 当時フィンランドは帝政ロシアの統治下にあり、日露戦争における日本の大勝利はフィンランド人を熱狂させた。それはそうだろう。アジアの小国・日本が強大な帝政ロシアを打ち負かしたのだから。このことがフィンランド人に日本への畏敬の念を抱かせたのだった。

◆日本製兵器で戦った

 元大統領パーシキビは次のように綴っている。

《私の学生時代、日本がロシアの艦隊を攻撃したという最初のニュースが到着した時、友人が私の部屋に飛び込んできた。彼は身ぶり手ぶりをもってロシア艦隊がどのように攻撃されたかを熱狂的に話して聞かせた。フィンランド国民は満足し、また胸をときめかして、戦のなりゆきを追い、そして多くのことを期待した》(『世界に生きる日本の心』展転社)

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス