芸能

オリラジ中田敦彦も? 芸能界「干される」の実態とは

「干された疑惑」を報じられたオリラジあっちゃん

 オリエンタルラジオ・中田敦彦の動きが注目されている。中田は3月末で『ビビット』(TBS系)のコメンテーターを降板、9月末には6年間、コンビでレビュラーを務めてきた『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)を2人そろって卒業。こうした相次ぐ降板から、中田が業界から「干された疑惑」が一部で報じられた。そもそも、芸能界でよく言われるこの「干される」ということは、実際にあるのだろうか。その実態に迫る。

◇オリラジ中田は「仕事を整理した」

 まずオリラジ露出減の一因と言われているのが、ダウンタウン松本人志をめぐる騒動だ。両者が直接やりあったわけではないが、ことの経緯をたどると、そこには何らかの“冷戦”が見て取れる。

 昨年、脳科学者・茂木健一郎氏がツイッターに「地上波は終わコン」「日本の“お笑い芸人”のメジャーだとか、大物とか言われている人たちは、国際水準のコメディアンとはかけ離れているし、本当に“終わっている”」と投稿。同氏はのちに『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演した際、レギュラーコメンテーターを務めている松本から先の発言を糾弾され、謝罪に追い込まれた。

 これに反応したのが中田だった。ブログで、茂木氏への支持を表明したうえで、「大御所の番組に出演して大御所に面白くないと言われ公開処刑をされてしまいました」などと暗に松本のことを批判。のちに中田は、吉本興業の上層部から「謝れ」と言われたとラジオ番組で証言している。

 こうした騒動があって、「干された疑惑」が『週刊女性』に報じられたのだが、中田は同誌の取材に対して「干されたわけじゃない。仕事を整理したんです」とこれを否定している。

◇業界にある「圧力」と「忖度」

 中田のケースの真相は不明だが、そもそもそうした「干される」といったことは実際あるのだろうか。業界関係者のA氏が語る。

「ありますよ。番組のキャスティング会議では、そのコンテンツに応じたタレントがゲストとして決まっていきます。それぞれの人気やトークスキル、世間からの印象などが考慮されますが、そうした対外的なこと以外に、プロデューサーから“その人はやめておこう”と理由もなく言われることがあるんです」

 それは「干されている」ということなのか? A氏が続ける。

「『干される』には、1つは当事者からの圧力、そしてもう1つは、その下の人間、および周囲の『忖度』の2つに大別できると思います。前者は言うまでもありませんが、『忖度』に限って言えば、現場に流れる“気まずい空気”から、それまでは積極的に使っていたタレントに対し“ひとまずやめておこう”と起用を躊躇してしまうというものです。

 気まずい空気というのは、“大物芸能人が使うなと言ってるらしい”とか“お世話になってる業界関係者が、そのタレントを使ってほしくないみたいだ”など、いろいろ噂されますが、はっきりした理由は現場まで下りてことないことが多いですね。実際、そうした情報が本当なのかどうかもわかないことがほとんどです」
 
 そうした見えない空気に逆らってキャスティングしようという勇敢なテレビマンがいるなら別だが、一度「干された」烙印を押されてしまったタレントを無理してでも起用する番組はほぼないという。

◇事務所からの移籍・独立で仕事激減のケース 

関連記事

トピックス

西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
司会をつとめる島田アナ(写真/JMPA)
「安倍氏国葬」司会の島田彩夏アナは「国葬委員会の指名」とフジ回答 抜擢背景に「後継候補の甥の古巣だから」説も
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
式壇の様子
安倍氏国葬、武道館で「トイレ問題」発生中 男性用のみ行列、政治家が「これはまずい…」
NEWSポストセブン
阪神監督「再登板」が報じられた岡田彰布氏(写真は2008年)
阪神・岡田彰布監督再登板へ これで「掛布雅之監督」誕生の芽は永遠に潰えたか
NEWSポストセブン
「パパ活飲酒」を報じられた吉川赳議員。その吉川議員のパパも“逆ギレ”
パパ活問題・吉川赳議員の“実のパパ” 解任動議に「報じるメディアが悪い」と反論
週刊ポスト
笑顔を見せる坂本勇人(時事通信フォト)
巨人坂本の女性スキャンダル問題が収束せず CS進出なら“再炎上”で球団も苦慮か
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
香川照之(右)の騒動はあれほど報道していたのに…(左は時事通信フォト)
スキャンダルで炎上の香川照之、大メディアがスルーした坂本勇人 2人を分けた「スポンサー」の違い
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト