国際情報

中国旗掲揚の台湾寺院、仏壇仏具焼き払い毛沢東肖像画を貼る

中国の国旗でトラブル発生

 台湾の彰化県政府は同県二水郷の約100年の歴史を持つ古刹、碧雲禅寺の強制撤去に乗り出した。「寺は中国共産党政権と密接な関係がある組織から資金援助を受けている」などがその理由だ。寺は2012年から中国国旗「五星紅旗」を毎朝、掲揚しており、地域住民との間でトラブルが絶えなかった。米紙「ニューヨーク・タイムズ」が報じた。

 碧雲禅寺は土地の所有権などをめぐって、地元の建設業者の魏明仁氏が裁判所に訴えたところ、競売にかけられた。結果、魏氏が競り落としたが、その直後に魏氏は寺の尼僧4人を追い出し、毎朝五星紅旗を掲げるようになった。

 魏氏は寺の名前を碧雲禅寺から「中華人民共和国愛国教育拠点」と変えて、仏壇や仏具を焼き払い、毛沢民や周恩来の肖像画や中国共産党の宣伝ポスターを飾ったほか、毎朝、毎晩、中国国歌「義勇軍行進曲」を大音響で流していた。

 魏氏は同紙の取材に応じて、「中国国旗の掲揚は『祖国統一』を実現させる決意の表れだ」などと話している。

 地元住民は「長年親しんできた寺が中国共産党擁護の拠点になるのはおかしい。騒動の裏に中国当局が暗躍している」などとして、デモや集会などの抗議行動を行っている。

 これに対して、彰化県の魏明谷県長は「魏明仁氏が不法に碧雲禅寺を占拠し、寺院を政治に利用している」などと批判するとともに、9月下旬から碧雲禅寺への水道水の供給を中止。さらに、寺院内の「非歴史建築物」を違法建築物として撤去することを地元警察に命じるとともに、500万台湾ドル(約1842万円)の工事費用を魏氏に請求するとしている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)
FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就
NEWSポストセブン
公暁を演じる寛一郎
『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目
週刊ポスト
安倍氏の父、晋太郎氏は竹下氏に敗れた(時事通信フォト)
自民党傍流派閥だった安倍派 支持基盤少ない中で旧統一教会の集票力に頼った
週刊ポスト
萩生田光一・政調会長
萩生田政調会長を「父のように慕っていた」元統一教会信者、今の思いは「ダッセーな」
NEWSポストセブン
aa
4年ぶり8月放送に戻ってきた『ほん怖』、夏放送のメリットとは?
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン