• TOP
  • コラム
  • かわいさ倍増!女の子の名前で「花」を使った名前集

コラム

2018.10.23 20:00  たまGoo!

かわいさ倍増!女の子の名前で「花」を使った名前集

かわいさ倍増!女の子の名前で「花」を使った名前集


女の子の名前に「花」にちなんだものが入っていると、それだけで明るくすてきな雰囲気を想像しますよね。名前は、お父さんやお母さんからのファーストプレゼント。
子どもが大きくなってからも、本人に「お気に入り」と言い続けてもらえるような名付けをしたいのなら、ぜひ、花に関連する名前を付けることをおすすめします。ここでは人気の高いものや注目されているものなど、いろいろな名前をご紹介します。

「花」を使った人気の名前

「花」という漢字や花の名前を使った女の子の名前は、今や名付けの定番。明るく華やかでかれんな印象を与え、花に関係するワードを入れるだけで不思議とマイナスイメージとは無縁のものとなります。「花」という漢字そのものを使ったものや、花の名前を取り入れたものなど、女の子の名前として人気の高い名前をピックアップしてご紹介していきましょう。

「花」という漢字を使った女の子の名前

花(はな)

彩花(あやか)

一花(いちか)

花音(かのん)

花菜(かな)

春花(はるか)

梨花(りか、りんか)

咲花(さいか、えみか)

「花」という漢字は、「か」という音読みで取り入れられることが多く、濁りのない音の聞き取りやすさから知的な印象を与えます。一方で、「はな」と訓読みで読む名前も人気で、古風でありながらいつの時代にも新鮮さを感じさせ、幅広い年代に受け入れられます。花という漢字が入っているだけで、名前全体に華やかな印象がプラスされるので、女の子の名付けにはぴったりです。

花の名前をそのまま生かした名前と花言葉

名前花言葉
葵(あおい)気高い美しさ
桜(さくら)優美な女性
桃(もも)チャーミング
向日葵(ひまわり)愛慕
皐、皐月(さつき)幸福
つばき(椿)気取らない優美さ
かすみ清らかな心、無邪気
柚(ゆず)健康美
百合(ゆり)純粋、無垢
茉莉花(まりか)愛想の良さ、愛らしさ
蘭(らん)優雅、美、愛
牡丹(ぼたん)富貴、気高い美しさ
なのか小さな幸せ、活発、元気いっぱい
茜(あかね)私を思って、媚び
楓(かえで)調和、美しい変化、大切な思い出
欄(らん)美しい淑女、優雅

花の名前をそのまま使って名づけをすると、もともと花が持っている印象と子どものかわいさが相まって、さらに愛らしさが増します。「こんな風に育ってほしい」と願いを込めて花言葉から名前を選ぶというのもいいでしょう。花言葉は、調べれば調べるほど奥が深く、思いを込めて名前を選ぶ過程もまた楽しむことができます。

海外でも通用する名前

あん(杏)

あんな(杏菜)

かんな

りりか(梨々花)

さら(沙羅)

れん(蓮)

えりか

杏や杏奈は人気の名前として、名付けランキングにもたびたび登場する常連です。「あ」の音の持つ明るさと柔らかさが好印象を与え、カラーでは赤やピンクなど暖色系をイメージさせます。また「りりか」は、百合の英語読みのリリーをもとにしたもので、華やかさと上品さを持ち合わせた印象のある名前。「さら」や「れん」は、実際に海外でも使われている名前なので、将来のお子さまのグローバルな活躍を願うのであればぜひおすすめです。

印象をさらによくする!花にちなんだ名付けのポイントやコツ

世の中にはたくさんの花があり、花の持つイメージや意味などもさまざま。名前を呼んだ時の響きや、耳にした時の美しさはもちろん、親の思いを込めた意味のあるワードであれば、きっと子どもも一生気に入り続けてくれるでしょう。そこで、名付けに悩んでいる人のために、花の名前の選び方やどのような観点に着目して名付けをしたらいいのかなどをご紹介しましょう。名付けのポイントやコツを抑えることで、お気に入りの名前に巡り合いやすくなりますよ。

誕生月に関連する花から名付けをする

いろいろな花の名前を見ながらどれもすてきで一つに絞ることができないという人は、誕生した月に合わせて、季節を象徴する花の名前にちなんだ名付けをするということもおすすめです。さくらやひまわり、かえでのように、花や植物が最も美しいシーズンに注目して名付けをすることで、名前に対する愛着がさらに湧くようになります。また、名前を呼ぶ度に生まれた日や季節の思い出がよみがえり、家族にとっても心温まる名前となるでしょう。

「花」だけでなく「咲」「英」も使える

「花」という漢字を使った名前に気に入ったものがないのなら、花開く様子を表す「咲」や、房になって群れのように花が咲く意味を持つ「英」という漢字を候補にすることもいいでしょう。美咲(みさき)、咲良(さくら)は幅広い世代に人気が高く、女の子の名付けの定番として広く知られている名前。沙英(さえ)や英美里(えみり)は外国人にも発音しやすく、多くの人から親しまれやすいですよ。

音の印象を大切にする

「あ」や「わ」など、口を大きく開いて発音する音は、聞いている人を明るい気持ちにさせてくれます。サ行からはじまる名前は、清潔感のある爽やかな印象を持ち、ナ行やマ行では音が丸みを帯びているので、おおらかで優しいイメージに聞こえるなど、音によって名前の印象は大きく変わります。ですから、候補に挙げた名前を実際に口にしてみて、その音の印象で決めるというのもポイント。何度も呼ぶことになる名前だからこそ、音の響きを大切にするといいでしょう。

おわりに

「花」という字や花の名前を取り入れた女の子の名前は、見た目の印象や音などさまざまな点で女の子らしさがあり、かわいさが倍増します。音の響きや花言葉から選ぶなど、名付けの方法は人それぞれ。ご紹介した名前の実例や方法を参考に、ぜひすてきな名前をプレゼントしてあげてくださいね。

関連記事

トピックス