• TOP
  • コラム
  • 好調続くIPO市場 今年の最注目は12月上場見込みの“あの銘柄”

コラム

2018.10.24 17:00  マネーポストWEB

好調続くIPO市場 今年の最注目は12月上場見込みの“あの銘柄”

今年6月にはメルカリも東証マザーズに上場(写真:時事通信フォト)


 2012年末のアベノミクス相場のスタート以降、IPO(新規上場)市場は活況を呈してきたが、2018年のIPO市場はどのような展開になっているのか。投資サイト「IPOジャパン」編集長・西堀敬氏が、2018年9月までのIPO市場を総括し、以下のように分析する。

 * * *
 2018年の年初から9月30日までのIPO件数は60件となった。前3年の9月末までのIPO件数を見ると、2017年が55件、2016年が56件、2015年が62件。

 2018年の年初から9月までにIPOした銘柄のパフォーマンスはどうだったか。全60銘柄で、上場後についた初値が公開価格を上回れば「勝ち」、下回れば「負け」、同値なら「分け」という基準による勝率を見ると、55勝4敗1分けで91.67%となり、2017年の年間を通しての勝率90.00%を上回っている。

 また、初値が公開価格に対して何%上昇したかという「初値騰落率」もプラス127%と2倍を大きく超え、2017年の年間を通しての初値騰落率プラス112%を上回り、アベノミクスのスタート以降で最も高いパフォーマンスとなっている。

 中でも、初値騰落率が高かったトップ3を挙げると、1位は4月20日に上場した人工知能(AI)を活用したインターネットサービスの開発・運営を手がけるHEROZ(東証マザーズ・4382)。公開価格4500円に対して、4万9000円の初値をつけ、初値騰落率は何と989%という驚異的な数字となった。

 2位は、ソーシャルメディアや体験を通じたファン発見・活性化・分析アプリ「アンバサダープログラム」を展開するアジャイルメディア・ネットワーク(東証マザーズ・6573)の416%。3位は、継続課金の販売・管理プラットフォームを提供するビープラッツ(東証マザーズ・4381)の355%。さらに、トップ3以外にも公開価格に対して初値が4倍以上に跳ね上がった銘柄が3件あった。

 このように、2018年のIPO市場の動向は引き続き好調に推移している。例年12月は、2017年は22件を数えたように、IPO件数が集中的に増えるので、最終的に2018年の全IPO件数は100件近くになると予想される。そして、最も注目を集めるのはソフトバンクグループ傘下の携帯事業会社、ソフトバンクのIPOだろう。

 時期に関しては12月19日と予想されている。調達資金は約3兆円が見込まれる超大型IPOとなるため、需給環境によってその成否が大きく左右される。そうした意味で、市場の波乱要因である米国の中間選挙が終わった後で、かつ例年、比較的需給環境のよい12月の上場となるのではないか。いずれにしても、今年一番の注目IPOとなることは間違いないだろう。

関連記事

トピックス