• TOP
  • 特集
  • 臨床心理士が教える口説き術、ダブルバインド質問法とは

特集

2018.11.10 15:59  週刊ポスト

臨床心理士が教える口説き術、ダブルバインド質問法とは

 そこで使いたいのが「ダブルバインド」です。「こっちのホテルに行くか、あっちのホテルに行くか、どうする?」と選択肢を与えて女性に選ばせる。その際、「YESかNOか」ではなく、両方とも「YES」、つまり「ホテルに行く」という選択肢なのがポイントです。複数の候補を提示することで、「NO」の選択肢を消すことができるというわけです。

 もちろん「ホテル」と直接言うのではなく「2人きりになれる場所に行きたいな」みたいなオブラートに包んだ言い方をすることも、女性が誘導“されやすく”なります。

 最後にもう一つ、「返報性の原理」も覚えておくといいですね。人は何か与えられるとそれをお返ししようという心理が働きます。好意を向けられると好意で返そうとする。これは中高年男性に多い夫婦間のセックスレスの解消にも役立ちます。

 カウンセリングで妻側の話を聞くと「旦那さんが話を聞いてくれない」ということは非常に多い。ですから妻の話をもっと聞いてあげるとか、子育てや孫の世話のサポートをしてあげると“お返し”をしてくれるかもしれませんよ?

※週刊ポスト2018年11月16日号

関連記事

トピックス