• TOP
  • コラム
  • おならが止まらない!妊娠後期におならが出やすくなる原因って?

コラム

2018.11.30 14:28  たまGoo!

おならが止まらない!妊娠後期におならが出やすくなる原因って?

おならが止まらない!妊娠後期におならが出やすくなる原因って?


女性にとって、大きな体調の変化をもたらす原因の一つとして「妊娠」があります。妊娠中には体にさまざまな変化があらわれます。代表的なもので言えば、「つわり」などがその一つでしょう。他にも、味覚の変化などが発生することも少なくありません。こうした妊娠中の体調の変化は、実は妊娠後、どの程度の期間が経過しているのかによっても違いがあります。

妊娠後期になると見られる症状の一つとして「おなら」がよく出るようになる、というものがあります。これはどのような原因で発生しているものなのでしょうか。また、対策の必要はあるのでしょうか?今回は妊娠後期のおならについて詳しくまとめてみました。

妊娠後期のおならの原因は

それではまず、妊娠後期のおならがなぜ発生しているのか、その原因についてご紹介します。これについては、幾つかの原因が複合的に関わっています。個人差もありますが、主な原因となるのが「黄体ホルモン」と呼ばれるホルモンのバランス変化です。

妊娠をした場合、妊娠状態を維持するために必要な黄体ホルモンが多く発生するようになります。この黄体ホルモンの働きの一つとして、腸の働きを鈍らせる、というものがあります。

腸の働きが鈍くなると、大腸内には便が残りやすくなり、通常よりもガスがたまりやすくなるために、おならが発生しやすくなるのです。同様に、妊娠中に便秘になりやすくなるのも、この黄体ホルモンによって腸の働きが低下していることが原因の一つとなっています。

この黄体ホルモンの働きによるおならの増加は、妊娠後期に限ったことではありません。妊娠初期から発生する可能性があるものです。妊娠後期になって妊娠初期以上におならが発生しやすくなる原因が別に存在しています。それは、子宮内の胎児が育ち、だんだんと子宮が大きくなって体内を圧迫するようになることです。

胎児が大きくなり子宮も大きくなると、必然的に近くにある腸も圧迫されるようになります。腸が圧迫されるようになると、黄体ホルモンの働きと同じく、腸の働きが鈍くなり、便秘が発生しやすくなり、同時におならも発生しやすくなるのです。

実際にはおならではない場合も?

それでは、ここでもう一つ、妊娠後期の「おなら」についてよくある勘違いについてご紹介しておきます。

「妊娠後期におならが多くなって困っている・・・」というように感じる人が多いもう一つの理由は、胎児の活動が「おならに近い感覚」を引き起こしていることにもあります。妊娠も後期になると、胎児は胎内でよく動くようになります。いわゆる胎動というものが起こるようになり、自分の体の内側で動くものがあるという、通常はあまり経験がないような感覚を妊婦は味わうことになります。この感覚の一部が、「おならに近い感覚」になることがあるのです。

この胎動の感じ方については個人差が大きいもので、おならに近い感覚になる人もいれば、そうならない人もいます。もし妊娠中期頃から、寝ている時などにおならが出ているような感覚になることが多くなった場合には、胎動を勘違いしている、という可能性も考えておくとよいでしょう。

どのように対策すればよい?

それでは、妊娠中におならが多くなってしまうことについて、どのように対策をするのがよいのでしょうか。

これについては、上記の理由から発生する「便秘」の症状を和らげることが効果的です。便秘状態を和らげることができれば、大腸内にたまるガスも減らすことができるため、おならの頻度についても下げることができます。

まず効果的なのが、「食事」の改善です。妊娠中は食べたくなるものに偏りが発生しやすく、どうしても腸内環境が悪化してしまいがちです。

便秘を解消するために効果的な食物繊維が多く含まれているものや、ヨーグルトなどのビフィズス菌の含まれているものを多く摂取するようにしましょう。ビフィズス菌の含まれているものを摂取する場合、同時にその働きを活発にするオリゴ糖を摂取すると、相乗効果があります。逆に、冷たいものはお腹の働きを弱めてしまうため、避けた方がよいでしょう。

また、水分をしっかりと摂取することも重要なポイントとなります。妊娠中は、自分の体のためだけではなく、子供のためにも水分を使用することになるため、従来と同じような水分の摂取量では自分のための水分量が不足してしまうことがあります。

ただし、カフェインの含まれているものや、糖分の多いものなどは避けた方がよいでしょう。麦茶などで水分を摂取するのが効果的です。さらに、母体に負担をかけない範囲で、運動を取り入れることも重要です。ストレッチなどを行うことでも、便秘の解消を行うことができます。

おわりに

このように、妊娠中のおならは、そこまで深刻な症状ではありません。ただ、日常生活の中では困ることもありますし、「恥ずかしい」と感じる方も少なくないでしょう。食事や水分摂取、運動などによって解消できるようにするとよいでしょう。また、どうしても長引く場合には、産婦人科で相談をしてみるのもよいでしょう。

https://www.news-postseven.com/wp-content/themes/nps2019_pc/images/たまGoo!

関連記事

トピックス