コラム

平均寿命は嘘をつく 2人に1人は100歳超まで生きる衝撃データ

日本人の「本当の寿命」は?

 日本人の平均寿命は男性約81.1歳、女性約87.3歳(2017年)に達した。「人生100年時代と騒がれているけど、平均寿命がそこまで延びるのはまだ先の話」――このデータを見て、そう考える人も多いのではないか。しかし、それは大間違いである。

 実は、日本人の“本当の寿命”はもっと長い。現在55~60歳の男性の「2人に1人」は90歳超、女性の半数は100歳近くまで生きる――そう推定されているのだ。

 なぜ、公表されている平均寿命と“本当の寿命”に乖離があるのか。計算方法に理由がある。

「平均寿命」とは生まれたばかりの新生児(生後0週)の推定寿命であり、年齢別の死亡率をもとに計算される。若いうちに亡くなるケースも計算に含まれることから、実際の寿命よりかなり低くなる傾向がある。

 それに対して、ある年齢に達した人がこの先、何年生きるかを推計したのが「平均余命」だ。最新の統計(厚労省「平成29年簡易生命表」)によれば60歳の人は男性83.7歳(平均余命23.7年)、女性88.9歳(同28.9年)まで生きると推計されている。

 しかし、この平均余命でさえも日本人の長寿化の実態を反映しているとはいえないという指摘がある。

◆85歳で死んだら“短命”です

 医療経済学者の永田宏・長浜バイオ大学教授(医学博士)が語る。

「厚労省の平均寿命や平均余命は年齢別の死亡率が変わらないという前提で計算される。しかし、医療の進歩などで死亡率が年々下がっているため、各世代(生まれ年)別の平均余命は年齢を重ねるにつれて長くなっていく現象が起きる。過去30年間の傾向を分析すると、男性の平均寿命は10年で1.8歳、長くなっています。人生のゴールが年々先にズレていくわけです。

 その結果、“自分が平均寿命に到達するタイミング”では、同い年の人の6割が存命していることになるのです。つまり、公にされている平均寿命の数字を基準に考えていると、過半数の人が“思ったより長生き”してしまうことになる」

 そこで永田氏はより正確な世代(生まれた年)ごとの寿命を算定するため、厚労省の「簡易生命表」をもとに平均寿命を修正し、同い年の2人に1人がその寿命まで生きる「50%生存年齢(寿命)」と、長生きケースの目安として4人に1人が到達する「25%生存年齢(寿命)」を試算した。別掲の表は試算結果をまとめたものだ。

 それによると「50%生存年齢」は、
●現在60歳の人(1958年生まれ)/男性89.0歳、女性96.1歳
●現在55歳の人(1963年生まれ)/男性90.0歳、女性97.1歳

――と、現在の平均寿命より10年前後も長生きすることがわかった。1977年生まれ以降の女性は、2人に1人が100歳まで生きることになる。「25%生存年齢」を見ると、現在60歳の世代は男性の4人に1人が95歳、同様に女性なら101歳まで生きると推計されている。

「この先も医療技術の進歩でがんや心疾患などの死亡率が下がっていくと予想される。60歳の人が80代になる頃にはもっと余命は延びているでしょう。現在40~50代前半の人であれば表の数字に0.5~1歳、それより上の世代は1~2歳ほど余命が加算されると想定してもいいでしょう」(永田氏)

 人生100年時代は“遠い将来世代”の問題ではなく、現在の50代、60代の世代が直面する現実なのだ。リタイア後の生活設計も、それを踏まえて考える必要があるだろう。

※週刊ポスト2018年12月14日号

関連記事

トピックス

赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
Aクラスとの差が開いてきた立浪中日(時事通信フォト)
遊撃起用の高橋周平が拙守連発 中日・立浪監督の采配に「迷走している」の指摘
NEWSポストセブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
バラエティでの活躍が目立つ竹内由恵アナ(時事通信フォト)
竹内由恵アナ バラエティ引っ張りだこなのに「古巣」に出ない理由
NEWSポストセブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン
かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン