コラム

最新コラム記事のRSS

トルコリラ円相場 億トレーダーが15円を大底と見る理由

2018.12.07 17:00

 12月3日には1トルコリラ=22.08円まで上昇したトルコリラ円相場。このまま上昇基調が継続するの

 12月3日には1トルコリラ=22.08円まで上昇したトルコリラ円相場。このまま上昇基調が継続するのか、それとも下落に転じる可能性も考えられるのか。FX(外国為替証拠金取引)のカリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんが、トルコリラ円相場の長期的な見通しについて解説する。

 * * *
 今回はトルコリラ円相場の長期的な見通しについて、私の考えをお伝えします。

 トルコリラ円相場は11月、週足で移動平均線の短期線と中期線がゴールデンクロスになり、12月3日には1トルコリラ=22.08円(くりっく365)をつけましたが、今後もこの上昇基調は続くのでしょうか。

 現段階では、今後の展開として、週足レベルで移動平均線の長期線がある1トルコリラ=23円台まで年内中に達してもおかしくない、と考えています。

 ちなみに現在トルコは、トルコリラ安によって物価上昇の局面にあり、国民の生活は苦しい状況にあります。しかしその一方で原油価格が下落しています。原油輸入国であるトルコにとって原油安はプラスに働くでしょう。

 では、さらに長期的に見てトルコリラ円相場は、どのように動くと考えられるでしょう。

 トルコリラ円相場について長期的な見通しを考える上で、私が1つ意識しているのは2019年3月開催予定の「地方選」です。

 もちろん選挙は水物ですから、3月の選挙の際にトルコリラが売られる可能性も考えられます。ただ、もしトルコリラが売られたとしてもそれは瞬間的なもので、選挙後にトルコリラ円相場がまた上がっていける可能性を考えています。

 2020年の春くらいまで見れば、チャート上で窓が空いている1トルコリラ=31円の水準まで回復してもおかしくないでしょう。

◆「1トルコリラ=5円まで下がる」情報の信憑性は

 一部では「トルコリラ円相場は1トルコリラ=5円まで下落する可能性がある」という情報も囁かれているようですが、私としては現段階で1トルコリラ=15円台が大底になった可能性を考えています。

 私はくりっく365でトルコリラ円の取引ができるようになる前から店頭取引を利用してトルコリラ円相場でトレードをしていました。当時は1トルコリラ=60円台でした。

 その頃と比べれば、約50円も下落していることになりますが、過去からの経緯をずっと見てきている私としては、8月のトルコショックが大底になった感覚を強く持っています。

 というのもトルコ政府は現在、本腰を入れて経済の立て直しを行なっています。トルコ政府がアメリカの経営コンサルティング企業と契約したり、中央銀行が政策金利を大幅に上げたりするなど、対策が講じられています。

 このようにトルコ政府が本腰を入れて対策を講じている状況の中、私としては「なぜ1トルコリラ=5円台まで下落すると考えられるのか」と疑問に感じます。

 トレードで勝つためには、巷に流れる情報を鵜呑みにしないことも大切ではないでしょうか。

【PROFILE】池辺雪子(いけべ・ゆきこ):東京都在住の主婦。若い頃から株や商品先物投資を学び、2000年からFX投資を始め、これまでに8億円以上の利益をあげている敏腕トレーダー。2007年春、脱税の容疑で起訴、同年夏、執行猶予刑が確定。その結果、所得税、延滞税、重加算税、住民税、罰金(約5億円)を全て即金で支払う。2010年9月に執行猶予が満了。現在は自らの経験をもとに投資、納税に関するセミナー、執筆活動を行っている。トルコリラ/円、ドル/円、他通貨、日経平均株価などの値動きに関する詳細な分析を展開する「池辺雪子公式メルマガ」も発信中(http://yukikov.jp/)。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP